感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
1万人の第九 森ノ宮9 第2回
at 2018-09-02 21:15
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-09-02 00:41
英国ロイヤルオペラシネマ バ..
at 2018-08-30 11:59
プラド美術館展ーベラスケスと..
at 2018-08-30 11:40
バイオリンレッスン 第115回
at 2018-08-30 11:34
いわさきちひろ展 東京ステー..
at 2018-08-27 18:32
プーシキン美術館展 国立国際..
at 2018-08-27 17:34
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(176)
(170)
(160)
(138)
(136)
(130)
(115)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(20)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

英国ロイヤルオペラシネマ 2017/18 バレエ「マノン」

 6月27日(水)、英国ロイヤルオペラシネマを見に行った。バレエ「マノン」は、ケネス・マクミランの振り付けで、1974年に初演された。マノンレスコーの小説を基にしたものは、マスネのオペラ「マノン」やプッチーニのオペラ「マノン・レスコー」がある。バレエ「マノン」は、マスネの作曲した曲を組み合わせて構成したもので、オペラ「マノン」からの曲はつかわれていない。  

 英国ロイヤルオペラハウス
 シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ「マノン」
 振付:ケネス・マクミラン 音楽:ジュール・マスネ 
 指揮:マーティン・イエーツ
 出演 サラ・ラム(マノン) ワディム・ムンタギロフ(デ・グリュー)
    平野亮一(レスコー) 
    イツアール・メンディザバル(レスコーの愛人)
    ギャリー・エイヴィス(G.M)

 「くるみ割り人形」や「眠れる森の美女」といった古典的なバレエをビデオで見たことがある程度のにわかファンにとっては、いろんな意味で衝撃的なバレエだった。
 
 何よりも振り付けが斬新である。幕間のインタービューでも言及されていたが、リフトなどが動きの中で行われるので、アクロバティックである。まるで、フィギュアスケートをしながら踊っているようだと形容されていた。

 次に、バレエなのに、オペラのように、感情表現が求められる。酔っぱらって踊るレスコーや、互いに対抗心を燃やす二人の娼婦の踊りなどは、演技が必要である。

 第3幕の看守がマノンを凌辱するシーンは、ここまで表現するのかとショックであった。マノンの哀れさが痛々しいほどである。舞台を見た人のHPに「子どもも見ているのに」と書かれてあったのはうなづける。最後にマノンの死に瀕しての踊りが壮絶である。

 プッチーニのオペラとは少しストーリーが異なる。貧しいマノンが娼婦として売られて、金持ちに会うが、デ・グリューとの愛を選ぶということで、オペラの自分勝手なマノンのイメージはない。

 今までに多くのスターダンサーが、踊ってきた英国ロイヤルオペラハウスの定番のバレエということだが、古典的なバレエのマンネリを打破するという意味では、画期的であり、これからも上演され続ける作品ということであろう。サラ・ラムは、華奢な感じで、薄幸のマノンに相応しいようでもあるし、悲惨な感じが強過ぎる感じもする。

by nori-126 | 2018-06-27 23:59 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ヴァイオリンとヴィオラDUOコンサート

 6月24日(日)、バイオリンを習っている奥幸代先生のコンサートがあった。毎年、ランチコンサートを開催されているが、今年は、堺市北区長曾根町のレストラン「ル・プルミエ」で行われた。

 12時からランチがスタートして、フランス料理のコースをいただいた。参加者は約20人で、隣の席に、同じくバイオリンを習っている男性がいたので、少し発表会のことなどを話した。今年の生徒の発表会は、7月8日(日)に行われるが、出ないことにした。今まで4年連続で出たが、やはり大変なストレスである。

DUO コンサート Vol.12
ヴァイオリン 由利美佐子 ヴィオラ 奥幸代
1.シューベルトの子守歌
2.キラキラ星変奏曲
3.四季メドレー
4.ニューシネマパラダイス
5.バッハ無伴奏組曲第3番 BMW1009
6.浜辺の歌
7.白鳥 サンサーンス
8.タイスの瞑想曲
9.糸 中島みゆき 参加者が斉唱

 知っている曲がほとんどで、楽しめた。映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の筋を話されたが、見ておられないとのことで、映画を見たことがある人がほとんどいなかった。驚いたが、考えてみると30年くらい前の映画なので、若い人にとっては当然ということなのだろう。演奏する先生には見て欲しいが。

by nori-126 | 2018-06-25 01:29 | クラシック音楽 | Comments(0)

兵庫芸文 第107回定演

 6月23日(土)、兵庫芸文の今シーズン最後の定期演奏会だった。コンサートが終わってから楽団員が並んで、帰るお客さんに挨拶をした。9月からのシーズンも同じ土曜日の年間会員になった。

 合唱団の知り合いのHZYMさんに、10日前のフランクフルト放送響のコンサートに続いて出会った。定期会員になっておられるが、あまりお会いしてなかった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2017-18 第107回定期演奏会
20118・6・23 15時開演
兵庫芸術文化センター大ホール

指揮:ロッセン・ミラノフ ピアノ:イノン・バルナタン

リムスキー=コルサコフ 序曲「ロシアの復活祭」
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調
ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトリューシュカ」

 ロシアの復活祭は聴いたことがなかったが、わかりやすい曲だった。ピアノ協奏曲第2番は、10日前に、フランクフルト放送響でも聴いたが、オケとのバランスがよく、ソリストが、楽々と楽しんで弾いているようなのが、印象的だった。席が中央やや左よりなので、ピアノを弾く手がみられるのがいい。アンコールは、ラフマニノフ「楽興の時から5番」だった。

 ペトリューシュカは、最初の方は知っているメロディがでてくる。不協和音の連続のような落ち着かない曲であるが、トランペット、ホルン、クラリネットなどの音色を楽しめる。特にトランペットの佐藤有紀(ありのり)さんは、東京交響楽団の首席奏者で、安定した素晴らしい音だった。多くの応援の奏者がおられたが、日本センチュリー響のヴィオラの増永さんは、PACのOBでもある。アンコールは、チャイコフスキー「白鳥の湖からワルツ」だった。

by nori-126 | 2018-06-23 20:19 | クラシック音楽 | Comments(0)

ボストン美術館所蔵 鈴木春信展 あべのハルカス

 6月21日(木)、あべのハルカスに鈴木春信展を見に行った。名前はよく知っているし、今までに何点か作品を見たことがあるかも知れない。しかし、浮世絵における位置づけはよく知らないし、まとまった展示を見るのは初めてである。それほど混んではいなかったが、絵が小さいだけに、見るのに少し並ばないといけなかった。

ボストン美術館所蔵 鈴木春信展
2018.4.24ー6.24
あべのハルカス美術館

 鈴木春信は、錦絵創始期の絵師で、錦絵の大衆化に貢献した。初期の芝居の役者の絵、絵暦、古典の和歌や故事を題材にした見立絵、若い男女を描いた絵、当時評判だった町娘を描いたものなど、庶民に人気があっただろうことが伺える。

 春信の絵は、多くが海外に所在していて、1図あたりの残存数が極めて少ない。今回のボストン美術館からの里帰りのような機会がないと、めったに見られないということである。

d0097373_01012865.jpg

by nori-126 | 2018-06-22 00:30 | 美術展 | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ 2017/18 マクベス

 6月20日(水)、英国ロイヤルオペラシネマを見に行った。17/18シーズンのオペラの最終作品で、あとバレエを二つ残すのみとなった。18/19シーズンのラインナップも発表されて、楽しみである。

 3時から上映している西宮TOHOシネマに行った。平日で観客が15人くらいと少ない。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18
ヴェルディ「マクベス」
演出:フィルダ・ロイド 指揮:アントニオ・パッパーノ
出演 ジェリコ・ルチッチ(マクベス) アンナ・ネトレプコ(マクベス夫人)
イルデブランド・ダルカンジェロ(バンクォ-)ユシフ・エイヴァゾフ(マクダブ)

 METライブビューイングのビデオで、同じネトレプコのマクベスを持っているが、あまりきちんと見ていない。

 舞台は、スケールの大きい凝ったもので、大きな金色の檻が舞台中央で回転するのが、印象的である。衣装も王朝時代の優雅なものと、民衆の質素なものと対比されている。魔女や兵士や民衆として合唱団が大活躍である。初めて聴く曲でも、ヴェルディのメロディは美しく、特に合唱は楽しめた。

 少し弱気のマクベスと強気で引っ張るマクベス夫人の演技が、真に迫っている。特に、後半で狂気を示すマクベス夫人のネトレプコの演技は、鬼気迫るものがあった。

 ネトレプコと、ご主人のエイヴァゾフは、コンサートで2回見たことがある。ダルカンジェロと指揮者のパッパーノは、3年前の芸文の「ドン・ジョバンニ」の出待ちで会った。間近に見たことのある4人が出演しているというので、余計に楽しめた。

by nori-126 | 2018-06-22 00:27 | オペラ・バレエ | Comments(0)

バイオリンレッスン  第111回

 6月18日(月)、バイオリンのレッスンに行った。この日の朝、7時57分に大阪北部を中心に震度6弱の地震があった。いつもは、7時50分くらいまでに車で家を出るのだが、この日に限って、寝過ごしてこの時間に家にいた。

 我が家もかなり揺れたが、幸いにも被害はなかった。阪神高速が通行止めになったので、一般道を走って、40分くらい遅れて職場に着いた。

 レッスンは、ニ長調の音階と、1拍目に八分休符の入った音階の練習をした。♯ドのところがうまく押さえられずに、練習を続けることになった。

 前々回課題になったバッハのガボットは、途中で、八分休符の入るところがまだ、指の動きを覚えていない。その前後については、かなり弾けるようになったと褒めてもらった。引き続き練習をする。

by nori-126 | 2018-06-18 23:35 | バイオリンレッスン | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第9回

 6月17日(日)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。練習の始まる30分前に、音取りの練習を団長さんの指導でしているのに初めてでた。本来なら個人で予習しておくべきなのだろうが、全体に練習のペースが遅れているので、こういう時間を取るのもやむをえない。

 中村先生の指導で練習をした。

by nori-126 | 2018-06-18 03:54 | 合唱 | Comments(0)

大阪フィル 第519回定期演奏会

 6月16日(土)、大フィルの定演に行った。休憩時間に同業のSMRさんに会った。この夏に、ザルツブルグやウィーンに旅行に行かれるとのことである。音楽だけが目的ではないようだが、羨ましい限りである。

大阪フィルハーモニー交響楽団 第519回定期演奏会
2018.6.16(土)15時開演
フェスティバルホール

指揮:ヤデル・ビニャミーニ
ピアノ:アンヌ・ケフェレック
コンサートマスター:田野倉 雅秋

ペルト 「フェスティナ・レンテ」
モーツァルト 「ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調」
リムスキーコルサコフ 交響組曲「シェラザード」

 モーツァルトの22番は聴いたことがなかったが、いかにもモーツァルトらしい曲で、小柄なケフェレックのピアノが、流暢な響きを聞かせてくれた。

 シェラザードは前にも聴いたことがあるが、バイオリンの独奏の音色が素晴らしい。

 指揮者のビニャミーニという名を聞いたことがあると思ったら、4年前のサントリーホールでの、アンナネトレプコのリサイタルの指揮者だった。そして、9月には横浜で、ローマ歌劇場の「椿姫」の指揮をする予定になっている。

by nori-126 | 2018-06-17 00:48 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 5回目

 6月14日(木)、LA FENICEの練習に行った。2年間指導された本山先生が、今シーズン初めて、臨時で指導されることになった。仕事を終わってから車で、十三にある淀川区民センターに駆け付けて、後半だけ参加できた。指揮と声で、団員の勢いを引き出そうとされるのは上手である。団員がどんどん引き込まれて声がでるようになる。

 杉田先生に指揮の仕方をデモンストレーションされるのを見ると、プロの厳しさというものを実感できる。

by nori-126 | 2018-06-15 18:45 | 合唱 | Comments(0)

フランクフルト放送交響楽団 フェスティバルホール

 6月13日(水)、フェスティバルホールのコンサートに行った。よく知っている曲ということもあり、チケットを取った。席は1階19列45番だった。休憩時間に合唱仲間のHZYMさんに会った。今シーズンは合唱団を休会されているので、久しぶりだった。

フランクフルト放送交響楽団
2018.6.13(水)19時開演
フェスティバルホール

指揮:アンドレス・オロスコ・エストラーダ
ピアノ:チョソンジン

ワーグナー:序曲 「リエンツィ」
ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲第2番」
ドボルザーク:「交響曲第9番 新世界」

 リエンツィは前に聞いたことがある。オペラは有名ではないが、序曲はオケの楽器の魅力を発揮するのに適している音楽である。

 ラフマニノフの2番は、何回か聴いているが、ピアノ協奏曲としては華やかで、ピアノの技巧を感じることができる曲である。チョソンジンの流暢な指遣いが素晴らしかった。少しオケが前面に出過ぎているような感じもしたが。

 新世界は久しぶりに聴いた。有名な曲で、聴いたことのあるメロディのオンパレードであるが、よくできている曲だと思う。ドボルザークの曲作りのうまさを感じながら、新鮮な気持ちで聴けた。



by nori-126 | 2018-06-14 01:31 | クラシック音楽 | Comments(0)