感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 第4回文化祭
at 2018-10-29 00:26
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-28 23:55
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-10-23 01:28
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-21 01:30
兵庫芸文 第109回定期演奏会
at 2018-10-21 01:24
混声合唱団 すみのえ 第2回
at 2018-10-19 14:47
バイオリンレッスン 第118回
at 2018-10-19 14:41
小玉晃の音楽学校 第5回サロ..
at 2018-10-15 01:06
近鉄コーラス会演奏会 クレオ..
at 2018-10-15 00:45
東大阪の第九 第2回
at 2018-10-15 00:37
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(181)
(172)
(160)
(142)
(138)
(136)
(118)
(99)
(88)
(83)
(75)
(70)
(63)
(58)
(50)
(47)
(34)
(21)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

マーラー 交響曲 第8番「千人の交響曲」 びわ湖ホール

 9月29日(土)、びわ湖ホールのコンサートに行った。びわ湖ホール開館20周年記念のコンサートは、30日(日)午後2時から行われることになっていた。チケットは早い時期に完売になったので、行けないと思っていたら、ソリストのTKMTさんのご主人から来てもらえるなら、チケットを手配するということで、入手できた。

 ところが、公演が台風24号のために中止になる恐れがあった。28日(金)に急遽、29日(土)午後4時からのリハーサルを公演として行なうことが、FBで通知された。結果として、日曜日の公演が中止になったので、振り代えという形になった。

 昼過ぎから職場をでて、JRから京阪石場駅に早めに着いた。びわこホールそばのレストランで少し遅いランチをたべた。琵琶湖は霧に煙っていた。   

 会場に入って、2階2B20番という席に座った。2階といってても、1階から通路を隔てているだけである。隣にチケットを手配してくれたNSMRさんが座った。お客さんは4割くらいの入りだろうか?初めに、開館20周年記念の簡単な式典といっても、館長の挨拶があった。

びわ湖ホール開館20周年記念
マーラー作曲 交響曲第8番 変ホ長調 千人の交響曲
2018.9.29(土)午後4時開演

管弦楽 京都市交響楽団
合唱 びわ湖ホール声楽アンサンブル 千人の交響曲合唱団
   大津児童合唱団
ソプラノ 横山恵子 砂川涼子 幸田浩子 
アルト 谷口睦美 竹本節子 テノール 清水徹太郎
バリトン 黒田宏 バス 伊藤貴之

 オペラの公演をするホールだけあって、広い舞台に、130人近いオーケストラ、300人くらいの合唱団が乗って、迫力のある演奏をした。合唱団には、プロの歌手も含まれている。合唱団仲間のKTMRさん、MEYMさんが参加しておられた。

 ソリストは、ホールに縁のある人たちでもあるが、名前の知れた一流の歌手ばかりである。これだけの歌手を揃えることは、記念公演だからこそ可能なのである。千人の交響曲がめったに上演されないのは、わかる気がする。ところが、この秋は、近畿の4か所で千人の交響曲が演奏されるという。

 途中で3階客席から、バンダのブラスの音がして、3階(4階?)の右最前列で、幸田浩子さんが歌われた。帰りにロビーで滋賀県知事だったKDさんを見かけた。観客と写真を撮っておられた。出口で、合唱団仲間のIWMTさんに会った。台風が接近する曇り空の中を、電車で大阪まで戻った。

by nori-126 | 2018-09-30 02:09 | クラシック音楽 | Comments(0)

東大阪第九 第1回

 9月28日(金)、東大阪の第九の練習に行った。一般参加の4回の練習の初日である。仕事が終わってすぐかけつけたが、一時間遅れて、布施のイオンモールの5階のホールに着いた。東大阪の第九の参加は、小学校の時の同級生が、オケで演奏していると知って参加してから、5年連続になる。

 木村俊明先生の指導で、最初から練習を通してされていて、フーガが終わった所から、歌っていった。アルトの発声や音程がやや頼りない感じがして、注意されていた。テノールも他のパートにつられて歌う人がいて、ダメ出しをされた。

 終わってから、近くの居酒屋で、飲んだ。IMIさんとは、私の故郷に遊びに行かれた話や、孫がバイオリンの発表会にでたという話を聞いた。INUEさんとは、新しく発足する合唱団の話、OTZIさんというオペラの合唱に参加しておられる人と初めて挨拶をした。

by nori-126 | 2018-09-30 01:59 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

1万人の第九 懇親会 天満橋

 9月27日(木)、1万人の第九の知り合いの懇親会があった。8月以来の飲み会である。KBYSさんのお世話で、1万人の第九の天満橋2の練習後に飲み会をすることになった。天満橋のエル・シアターに行くと、練習が終わった所で、臨時の講師の木村先生にお会いした。また、混声合唱団すみのえのMKIDさんに会った。

 近くの居酒屋に、KBYS、THK、KMSR親子、MEHR、ON、YMGC、OKMR、ESK、NGTM、TMGWさんが集まった。途中からMSDさん、終わりころにMURさんが来た。

d0097373_02363164.jpg



by nori-126 | 2018-09-29 02:22 | 1万人の第九 | Comments(0)

IL DIVO timeless オリックス劇場

 9月26日(水)、IL DIVO のコンサートに行った。今回が4回目になる。2012年大阪城ホール、2014年フェスティバルホール、2016年名古屋日本ガイシホールと2年ごとに来日公演を行っている。フェスティバルホールでは、今は辞められた職場のご夫婦と一緒に聴いたのがなつかしい。

 今回は、新しいアルバム「Timeless」からの曲を中心にした構成だが、アルバムを聴いていないので、半分は知らない曲が、半分は聴いたことのある曲だった。

 舞台後方をかなり高くして、両脇から階段で前の方へ下りてくる。前回に続いてダンサーが登場するが、舞台のあちらこちらで踊るのが効果的である。ダンサーは衣装を頻繁に変えて、ある時はセクシーに、ある時はラテンでダイナミックな踊りを披露した。

 MCで日本語を披露して、拍手をもらうのはいつものことだが、今回は、日本語での話を少なくして、英語での話が多かったのはよかった。ソロを歌ったが、ウルスが魔笛からで、デヴィッドが、道化師からと、オペラの曲だった。マイクで歌うのでなく、生で聴いてみたかったが。

 カルロスのグラナダは迫力があった。カルロスは少しダイエットをしたのだろうか?頬のふくらんだ感じが無くなって若返ったようである。

セットリスト
1.Hello
2.Right Here Waiting
3.Por que tu m'aimes encore
4.Angel
5.URS ソロ The Magic Flute
6.Te amare
7.All of me
8.Love me tender
9.Quien sera
10.Carlos ソロ  Granada
11.My Heart Will Go On
12.Love Story
13.Unforgettable
14.Senza catene
15.Smile
16.Seb ソロ  UP!
17.What a wonderful world
18.The way we were
19.I will always love you
20.David ソロ Vesti la giubba
21.La vida sin amor
22.Somewhere
アンコール
23.Regresa a mi
24.My way



by nori-126 | 2018-09-26 22:53 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン  第117回

 9月25日(火)、バイオリンのレッスンに行った。前からの課題だった「オーゼの死」がピアノ伴奏でなんとか弾けるようになったので、先生とのデュエットで演奏して〇がついた。次回からは、26ページのイ長調音階に入る。そして曲は、「美しき我子よいずこ」でスラーのある四分音符と八分音符の弓使いが課題である。

 クレッシェンドとデクレッシェンドの練習は、練習不足からまだ、弓の使い方がうまくいかない。頭で考えている内はだめである。ということは、体が覚えるまで練習することである。全弓で二分音符二つをクレッシェンドとデクレッシェンドで弾くのは、少し感じがつかめて褒めてもらった。

by nori-126 | 2018-09-26 01:44 | バイオリンレッスン | Comments(0)

第8回 大阪市コミュニティ合唱祭 旭区民ホール

 9月24日(月・祝)、合唱祭に行った。旭区民ホールに少し遅れていったので、「ひらの」と「大正」は聴けなかった。その後に会場に入った。

 第8回大阪市コミュニティ合唱祭
 2018.9.24(月・祝)13時開演
 大阪市立旭区民センター

 第1部 ひらの混声合唱団 大正区民合唱団「大正フロイデ」 
     都島区民合唱団 福島区民合唱団 つるみWindmill合唱団 
     飯山市朧月夜スペシャル混声合唱団 東成区音楽団
     旭区民合唱団リリオ 合唱団 城東 淀川区民合唱団
 第2部 貴志康一合唱曲集Ⅱ

 休憩時間に木村俊明先生にお会いして挨拶をした。新しく活動を始める「混声合唱団すみのえ」に参加させていただくことを告げた。来年のこの合唱祭には、舞台に立っていることになりそうである。門真の第九やラブリーホール合唱団で一緒しているKWTさんと隣の席で話をした。

 最後に合同演奏があり、都島区出身の貴志康一の曲を合唱に編曲した5曲が歌われた。編曲の中村先生は、大学の教養課程で音楽の授業を受けたことがある。混声合唱団すみのえのINUEさん、KMTKさんがソロを歌われた。僧侶の恰好で登場された木村先生が、あまりにもぴったりだった。

d0097373_18331049.jpg

by nori-126 | 2018-09-25 01:29 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第18回

 9月22日(土)、ラブリーホール合唱団の練習だった。フェスティバルホールから駆けつけたが、10分遅刻した。担当はHSD先生で、発声練習の途中だった。ロロロと細かく音を上下させる練習では、舌の使い方がうまくなるようにと言われた。第20曲の練習をした。

by nori-126 | 2018-09-23 12:46 | 合唱 | Comments(0)

大阪フィルハーモニー交響楽団  第521回定期演奏会

 9月22日(土)、大フィル定演に行った。

大阪フィルハーモニー管弦楽団 第521回 定期演奏会
2018.9.21(土)15時開演
フェスティバルホール

指揮:アンドリアス・ポーガ
ホルン:ラデク・バボラーク

ハイドン:交響曲 第82番 ハ長調「熊」
パウエル:ホルン協奏曲
プロコイエフ:交響曲 第5番 変ロ長調

 ハイドンの交響曲はあまり演奏されないが、聴いてみると心地よい。モーツアルトに似た感じがあるのは、どちらが影響を受けたのかと考えてしまう。

 ホルン協奏曲は、ホルンの口をお客さんの方へ向けて、音を自在に操るという感じがして、安心して聴けた。プロコイエフの5番を聴くのははじめてだが、心地よい音楽である。




by nori-126 | 2018-09-22 18:21 | クラシック音楽 | Comments(0)

ローマ歌劇場 椿姫 東京文化会館

 9月17日(月・祝)、オペラ「椿姫」を見た。鎌倉観光の後、2時過ぎに上野の東京文化会館に着いた。かき氷を食べて、大ホールに入ると、前日の神奈川県民ホールのお客さんと雰囲気が違って、ハイソサイエティ感にあふれている。東京文化会館は、3年前のウイーンフォルクスオーパの「メリーウイドウ」以来、2回目である。

 席はR11列3番という右端の斜めに前をみる席だが、一段と高くて見やすい。これも前日と同じく、S席でなくA席を間違って選んでしまった。ふと中央席の方をみると、仕事の恩師であるOKDさん夫妻の姿があった。後で挨拶したが、3日後に「マノン・レスコー」を見られるということだった。

 そのすぐ前に、ファッションデザイナーのKJさんが座っておられた。オペラの衣装をデザインされることもあるのだろう。私の後ろの席のプロの音楽家らしき人に、挨拶にこられていた。和服の落語家らしき人や、前日の神奈川県民センターでも見た、音楽評論家のOKDさんを見かけた。

ローマ歌劇場 椿姫
2018.9.17(月・祝)
東京文化会館

指揮:ヤデル・ビニャミーニ
演出:ソフィア・コッポラ
衣装:ヴァレンティノ・ガラヴァーニ
ヴィオレッタ:フランチェスカ・ドット
アルフレード:アントニオ・ポーリ
ジョルジュ・ジェルモン:アンブロージュ・マエストリ
フローラ:エリカ・ベレッティ
ローマ歌劇場管弦楽団 ローマ歌劇場合唱団 ローマ歌劇場バレエ団

 フランシス・コッポラの娘が演出、ヴァレンティノの衣装が話題になり、シネマでも公開された公演が、そのまま来日するということで、楽しみにしていた。指揮のビニャミーニさんは、2年前のアンナ・ネトレプコのコンサートでも指揮をされていた。

 序曲の途中で幕が開き、上手から中央に緩やかにカーブした白い階段をヒロインが下りてきて、物憂げに座り込む。フランチェスカ・ドットは華やかさはないが、知的で誠実な女性という感じである。

 ジョルジュ役のマエストリの声が素晴らしかった。舞台美術は、大掛かりで、引っ越し公演の中でもめったに見られない豪華な舞台だった。

          

d0097373_01351964.jpg






by nori-126 | 2018-09-18 01:46 | オペラ・バレエ | Comments(0)

鎌倉 その2 鎌倉大仏ー江の島

 9月17日(月・祝)、鶴岡八幡宮から参道横の道を歩いて、鎌倉駅に向かった。車道の中央がきれいな参道になっているが、陽が当たって暑いので建物沿いの歩道を歩いた。鎌倉駅前のバス停に止まったバスが、鎌倉大仏に行くと書かれていたので乗った。

 バスは西に走って、長谷観音前から北に向かった。大仏前で降りた。外国人も含めて、観光客が多い。高徳院に入ると、すぐに鎌倉大仏が見えた。あまり広々とした場所でないのが予想外だった。青い空に映えて、近づくと大きさが実感できる。下から見上げると、やさしいお顔である。胎内めぐりとして、狭い通路から階段を上ると、中が空洞になっていて、セメントで補強されたのが見える。

 観光客でにぎわう歩道を海の方へ歩いて、湘南鉄道の長谷駅にでた。ここから電車で江の島に向かった。アブがいて、近くにいた親子が気にしているようだったので、ハンカチで捕まえて逃がした。

 江ノ島駅で降りて、江の島の方へ歩いたが、観光客が多い。波が荒くて、サーフィンを楽しむ人がいるが、いかにも湘南という風景である。江ノ島弁天橋を10分くらい歩いて、江の島の道沿いには、海産物のレストランが並んでいる。   一軒の店に入って、海鮮丼を食べた。少しだけ生しらすとゆでシラスが入っているのを堪能した。

 橋を歩いて戻り、湘南ケーブル江の島駅からケーブルカーで大船に戻った。ここから、上野に向かった。

鎌倉大仏 ↓
d0097373_01553940.jpg

江の島 ↓
d0097373_01554462.jpg

海鮮丼 ↓
d0097373_01554719.jpg

by nori-126 | 2018-09-18 01:40 | 歴史散歩 | Comments(0)