感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 第4回文化祭
at 2018-10-29 00:26
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-28 23:55
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-10-23 01:28
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-21 01:30
兵庫芸文 第109回定期演奏会
at 2018-10-21 01:24
混声合唱団 すみのえ 第2回
at 2018-10-19 14:47
バイオリンレッスン 第118回
at 2018-10-19 14:41
小玉晃の音楽学校 第5回サロ..
at 2018-10-15 01:06
近鉄コーラス会演奏会 クレオ..
at 2018-10-15 00:45
東大阪の第九 第2回
at 2018-10-15 00:37
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(181)
(172)
(160)
(142)
(138)
(136)
(118)
(99)
(88)
(83)
(75)
(70)
(63)
(58)
(50)
(47)
(34)
(21)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

LA FENICE 第4回文化祭

 10月28日(日)、LA FENICEの文化祭があった。独唱、重唱、アンサンブル、楽器演奏に、展示やバザーがある。今年が第4回だが、2年前に陶器の展示販売をして、昨年は、兵庫芸術文化センター小ホールで、バイオリンを弾いた。

 今年は、バードウォッチング、山登り、古都散策などの趣味の写真を展示することにした。ワイド4つ切りの8枚の写真をボードに貼って、説明のプレートをつけた。久しぶりに、工作をしたのは、楽しかった。タイトルを「Le Memorie di Guste(趣味の思い出)」とイタリア語でつけたが、di が複数定冠詞 i と一緒になると dei となるのが正しいかも知れない。

 バードウォッチングで撮った写真をパソコンを持ち込んで、スライドショーで流した。今までに120種類くらい見ているが、80種類くらいの名前と撮影場所をつけて、見られるようにした。鳥に興味のあるHRさんとSTUさんが声をかけてくれた。

 今年も、自作の陶器を並べたが、3分の2くらいが売れて、売り上げを募金箱に入れた。演奏会が中心になると、展示をゆっくり見てもらう時間が少なくて、演奏会が終了後も、すぐに片づけなくてはならなかった。

 20人くらいで、せんばキッチンで打ち上げをした。KTOKさん、HJIさんらと話をした。にぎやかに盛り上がって、LA FENICEとしては、久し振りに、打ち解けた宴会になった。

趣味の写真展示 ↓
d0097373_01403723.jpg
バードウォッチングのスライドショー ↓
d0097373_01404248.jpg
自作陶器の販売 ↓
d0097373_01404711.jpg

by nori-126 | 2018-10-29 00:26 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第21回

 10月27日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。今日は、リハーサルルームだった。中村先生の簡単な発声練習の後に、Sanctusを始めからおさらいをした。ソプラノやアルトの音が下がる時があるのが、指摘された。テノールは、声を合わせるようにということだった。前に歌った箇所でも、おさらいでまた時間がかかる。

 駅まで、LA FENICEでも一緒のSRKWさんと話をしながら歩いた。

by nori-126 | 2018-10-28 23:55 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 10回目

 10月21日(日)、LA FENICEの練習があった。都合で40分ほど遅刻した。本山先生の指導で、21、22、23を歌った。ラララで歌ったり、発音を確認する。先生が強調されるのは、単に音符通りに歌えばいいのではないということである。言葉の意味を理解して、感情をこめて歌うこと、音符の長さの通りに歌わなくてもよいということである。かなり高度な話をされるが、それをすべて要求するのは無理ということもわかっていただいている。早く歌うところでは、言葉が処理できないのは、練習不足である。
 
 休憩中に、名前だけ知っていたアルトのNIKさんと初めて話をした。知り合いのKMRさん、YYTNさんが、近鉄コーラス会に入っているので、調べてみると、NIKさんも所属されていた。9年前に芦屋で第九を歌った時に、舞台をご一緒したことが最近、わかった。近鉄コーラス会に10年ほど所属されているということである。

 本山先生が30分早く退席されたので、中村先生が後を少し指導された。昼食を中村先生や他のメンバー数人と一緒に沖縄料理店で、ブッフェスタイルで食べた。ラブリーホール合唱団でも一緒しているABさんと話をした。

by nori-126 | 2018-10-23 01:28 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第20回

 10月20日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。芸文からかけつけて、30分ほど遅刻した。中村先生の指導で、Sanctusの後半から練習が始まっていた。パートごとに音を取って、複数のパートで合わせるなどを繰り返して、Sanctusの最後まで行った。

 KWTさんが、先日の発表会で、ソロを歌われたのを聴いてもらったとお礼を言われた。合唱はベテランさんだが、ソロはあまり歌われていないとのことだった。音がしっかりしておられたという印象だった。
 
 帰り道を前から、顔を知っている女性と話ながら帰った。OGSさんの知り合いだが、名前を聞いたことがない。河内長野で仕事をしていて、金剛駅で下りられた。

by nori-126 | 2018-10-21 01:30 | 合唱 | Comments(0)

兵庫芸文 第109回定期演奏会

 10月20日(土)、兵庫芸文の定演に行った。ピアノ独奏のブルーノ・レオナルド・ゲルバーといえば、40年も前にクラシック音楽を聴き始めた頃に、聴いたことのある名前だが、久しぶりに名前を聞いた。74歳の今でも現役で活躍中なのである。

 つきそいの男性に腕を支えられながら、ゆっくりと舞台に進んだゲルバーは、椅子にすわった。こどもの頃のポリオの後遺症ということである。

 休憩時間にHZYMさんにお会いして、コンサートやオペラの話をした。約束していたオペラのBDを渡したが、お礼にとおみやげをいただいた。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第109回定期演奏会
2018.10.20(土)午後3時開演
兵庫芸術文化センター大ホール

指揮 クラウディオ・クルス
ピアノ独奏 レオナルド・ゲルバー
ゲストコンサートマスター 田野倉雅秋

オール・ベートーヴェンプログラム
序曲「コリオラン」
交響曲 第3番「英雄」
ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」

 定演ではめったに聴けないような有名な曲のプログラムである。知っている曲ばかりなので心地よい。英雄は、思ったより感動しなかったのは、なぜだろうか?

 皇帝のピアノは、流れるような華やかな音で、ベテランの余裕がみられた。コンサートマスターが大阪フィルの首席コンサートマスターである田野倉さんだった。ゲルバーに合わせて、一流を呼んできたということだろうか?

by nori-126 | 2018-10-21 01:24 | クラシック音楽 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第2回

 10月17日(水)、混声合唱団すみのえの練習があった。今日は、テノールにNMBさんが初めてこられた。「信じる」を歌ったが、音取りがあいまいなところがある。出だしの音をどこから取るかということを、確認していった。最後まで歌ったが、もちろん完成というわけでなく、これからも見直しをするが、次回は次の曲に入る。

 居酒屋に9人集まって話をした。指導のKMR先生の子供の頃の話や学生時代の話を聞いた。

by nori-126 | 2018-10-19 14:47 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第118回

 10月15日(月)、バイオリンのレッスンに行った。新しく課題となったイ長調の音階は、♯が3つつくので、指が慣れなくてうまくうごかない。二分音符の後に、四分音符と八分音符二つがスラーで結ばれる動きは、リズムが正確に取れない。

 応用の「美しき我子やいずこ」は、家ではかなり弾けると思っていたが、指の動きがあいまいで、弓の動きもぎこちなくなる。pもmpも基本的には全弓を使うが、短くなりやすい。そして、強弱を駒に近いところと指板に近いところで、弾き分ける。引き続き練習するようにという結果だった。

by nori-126 | 2018-10-19 14:41 | バイオリンレッスン | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 第5回サロンコンサート

 10月14日(日)、サロンコンサートに行った、小玉晃先生が主宰される音楽学校の発表会である。近鉄コーラス会の会場からかけつけたが、わずかに遅刻して、ICDさんの歌だけが聴けなかった。

 ソロを歌い慣れた人もあり、あまり歌ったことのない人もあるのだろうが、それぞれに努力をされて、皆の前で発表の機会を持てることは、うらやましい限りである。ソロを歌ってみたい気持ちはあるが、自信がない。

 シューベルトの「魔王」は有名な曲だが、女性が歌うのは知らなかった。フィガロの結婚の「恋とはどんなものかしら」はケルビーノの歌う曲で、男装がぴったりだった。「夢見たものは」は、混声合唱団すみのえで取り上げる予定になっている合唱曲だが、ソプラノの歌う主旋律を中心に独唱にしたものとのことだった。

 「椿姫」のプロヴァンスの海と陸は、さすがにアマチュアを越えた歌唱力で、オペラの雰囲気を味わうことができるくらいの熱唱だった。

d0097373_01240727.jpg

by nori-126 | 2018-10-15 01:06 | クラシック音楽 | Comments(0)

近鉄コーラス会演奏会 クレオ大阪中央

 10月14日(日)、東大阪の第九の練習を少し早退して、近鉄コーラス会の演奏会に行った。四天王寺前夕陽ヶ丘駅から歩いてすぐのところにあるクレオ大阪中央で、当日券を買った。自由席なので、7列目くらいに座った。

創立62周年 近鉄コーラス会演奏会
2018年10月14日(日)15時開演
クレオ大阪中央

 清原浩斗先生が40年近く指導をしておられて、先生らしい楽しい演奏会である。先生のMCも大阪ののりで笑わせてくれる。団員に知り合いのKMRさん、YYTNさんがおられて、振り付けのある歌では、最前列で振りを披露された。

 伝統のある合唱団でレベルは高い。バスのしっかりとした低音やテノールのやわらかい声、ソプラノの澄んだ声が、一つの声として響いてくる。

 合唱団の退場の通路と観客の通路が一緒になっていて、KMRさん、YYTNさんに会った。また、清原先生に久しぶりに挨拶をした。顔を覚えていただいていた。

d0097373_01150452.jpg



by nori-126 | 2018-10-15 00:45 | 合唱 | Comments(0)

東大阪の第九 第2回

 10月14日(日)、東大阪の第九の練習に行った。午後1時から布施のイオンで、Nの631小節からおさらいをした。今日は、強弱について細かく指導があった。

 木村先生の第九の指導は、昨年、住之江の第九でも受けた。同じ楽譜を使っているが、書き込みをみると、注意されることは、前にも聞いていることである。間違えやすいところは、決まっているともいえる。

 30分ほど早くに辞して、近鉄コーラス会の演奏会の会場に向かった。

by nori-126 | 2018-10-15 00:37 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)