感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪の第九 第6回
at 2019-08-12 01:56
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-11 11:51
混声合唱団 すみのえ 第18回
at 2019-08-08 13:39
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-07 02:22
バイオリンレッスン  第133回
at 2019-08-06 11:11
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-08-04 02:54
1万人の第九 懇親会
at 2019-08-01 19:36
文楽 第2部 仮名手本忠臣蔵
at 2019-08-01 19:34
新音フロイデ モーツアルト「..
at 2019-07-31 09:34
東大阪の第九 第5回
at 2019-07-29 07:09
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(233)
(209)
(179)
(164)
(141)
(137)
(132)
(106)
(95)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新音フロイデ モーツアルト「レクイエム」フェスティバルホール

 7月30日(火)、新音フロイデのコンサートに行った。チケットを出演者でラブリーホール合唱団のOOGSさんから買った。新音フロイデには、門真の第九の知り合いが多く参加していて、今年はさらに参加者が増えたようである。バスのICD、YMD、ソプラノのKMR、YYTN、OKMR、KMMT、ESK、FJT、AIKW、アルトのOOGS、SKGCさんが参加している。

 仕事を終わって車で駆け付けると、前半の E.H.グリークの組曲「ホルベアの時代から」が終わった休憩中だった。門真の第九のNGTMさん、TMGWさんに会って話をした。ラブリーホール合唱団のSMDさん、1万人の第九のSNさんに会った。奥様が合唱団で参加されているとのことだった。

 席は22列31番だったが、260人にもなる合唱団と70人くらいのオケを見渡せた。

新音フロイデ
指揮 三ツ橋敬子  大阪フィルハーモニー管弦楽団
大阪新音フロイデ合唱団
ソプラノ  並河寿美
アルト   福原寿美枝
テノール  二塚直樹
バス    三原 剛

 ゆっくりと始まった演奏が、重厚な合唱の響きを強調していた。Santus は、声が舞台全体に、そして空に向かって響くような膨らみがあって、一瞬、至福の感情に包まれた。

 終わってから、階段下で、聴きに来ていた知り合い、YMGCさん、OOTさん一家、LA FENICEのIWMTさん、STさんに会った。

by nori-126 | 2019-07-31 09:34 | クラシック音楽 | Comments(0)

東大阪の第九 第5回

 7月28日(日)、東大阪の第九の練習に行った。少し遅れていくと、S からの練習が始まっていた。最後まで歌うことができて、これで音取りが終わった。初心者の方もおられるので、まだ、しっかり歌えているとはいえないが、練習は8月に2回あって、後は9月から11月で3回だけで12月の本番を迎えることになる。

 YMDさんと布施駅の近くの松屋で、生ビールを飲んで話をした。

by nori-126 | 2019-07-29 07:09 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 第7回サロンコンサート 神戸雲内教会

 7月27日(土)、小玉晃の音楽学校のサロンコンサートに行った。音楽学校には、3期通ったが、時間がとりにくくなり、行かなくなってしまった。私にとっては、発声を初めて教えてもらって少し自信がつき、合唱団に入るきっかけを作ってくれた。生徒がソロを歌う機会を提供されていて、羨ましい限りである。

 阪急六甲駅から南に少し歩いた所にある、神戸雲内教会に30分程遅れて入った。26人の発表があり、17人程聴けた。ICDさんの「雨ニモマケズ」、KMMTさんのトスティの「薔薇」、HGSさんのヘンデルのメサイアからの曲、KMSRさんの「いつも何度でも」、TNKさんのオペラのアリアなど、素晴らしかった。会を重ねるにつれて、レベルが上がり、気になるような歌い方の人がほとんどなかった。

 聴きに来ている人の中に、YMDさん、OKMRさん、YYTNさんなどの新音フロイデ組がおられた。YMDさんは最近、体調が悪くて、検査をするといろいろと異常があったということである。生活習慣病に注意して欲しいものである。

 六甲は、学生時代に通ったところで、思いでの場所であるが、駅の近くの店はもう昔のままではない。夏にクラブ活動の後に、かき氷を食べた喫茶店も洋菓子屋さんに代わっていた。

by nori-126 | 2019-07-28 02:40 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪市コミュニティ合唱祭 合同練習 第3回

 7月27日(土)、大阪市コミュニティ合唱祭の合同合唱の練習があった。福島区民センターに行くと、発声練習が始まっていた。木村先生の指導で、ピアノが大フィルの尾崎先生である。

 前回、練習ができなかった「未来へ」を歌ったが、音取りがあまりできていなくて自信がなかった。テノールは、きちんと歌えていない感じだった。「もう すんだとすれば」を歌ったが、シンコペーションのことを言われた。八分音符と四分音符の組み合わせを軽快に歌うには、八分音符を少し短くして、リズムを作るということである。

 休憩時間に辞して、神戸六甲へ行った。

by nori-126 | 2019-07-28 02:27 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第26回

 7月23日(火)、堺フロイデの練習に行った。MRY先生の指導で、最初からおさらいをしていった。今日は、よく声がでるので、大きな声で歌っていると、テノールは、大きな声で歌わないようにと言われた。

 高い音で声を張り上げないようにと言われた。Com-o-limの歌い方、ソプラノの装飾八分音符の歌い方を細かく言われた。

 指導のNKMR先生が来られていて、後ろで歌っておられたが、休憩中に私に声をかけていただいた。自分の仕事の事を話した。

by nori-126 | 2019-07-24 13:58 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン  第132回

 7月22日(月)、バイオリンのレッスンに行った。最近は、あまり練習をしていないので、なかなか上手く弾けない。それに、左手の指の位置がおかしくなっていて、第1指の押さえが低くなりがちで、第3指も低い。

 「行進歌」は、かなり弾けるようになったが、弓の動きが小さい、弓が真っ直ぐに動いていないで、回転しているようだといわれた。

by nori-126 | 2019-07-23 12:09 | バイオリンレッスン | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 合同練習 第2回

 7月21日(日)、堺フロイデの練習に行った。午後からの合同練習の前に、男声だけで特別に練習するというので、10時に会場に行った。1列に並んで歌うのは少し緊張する。NKMR先生の指導で、うまく歌えない所はどこですかということで、Confutatis、Rex tremendae、Dies irae などを歌った。

 団員が先生の指導に、クレームをつけたのに驚いた。かなり歌える人らしくて、その指摘も間違っていないのだが、もう少し言い方がありそうなものである。

 昼食を近くの喫茶店で取った。BGMに60年代の懐かしい曲がかかっていたので、同年代のマスターと音楽の話をした。

 1時から、合同練習で、MRY先生の指導で、初めから通して最後まで歌った。テノールは、大きな声をださないで、他のパートに合わせることや、音の質を柔らかくということを言われた。

 混声合唱団すみのえで一緒しているKMGIさんに、堺フロイデでは初めて会った。昨年のラブリーホール合唱団で一緒だったWDさんをみかけた。堺フロイデの別の日の練習に参加しているとのことで、ラブリーホール合唱団の近況などを話した。

by nori-126 | 2019-07-22 00:50 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第9回

 7月20日(土)、兵庫芸文のミュージカルを観て、ラブリーホール合唱団の練習に行った。同じ時間に、LA FENICEの自主練習があって、当初はそれに参加するつもりにしていたが、辞めた。小荘厳ミサの楽譜を取りに家に寄ったので、30分遅刻した。

 NKMR先生の指導で、Et vitam のおさらいをしていた。そして新しくSanctus に入った。まだ音が取れていないので、手探りで歌ってみた。 

 SMDさんと久しぶりに話をした。「On the town」を昨日、見に行かれたとのことである。

by nori-126 | 2019-07-22 00:40 | 合唱 | Comments(0)

ミュージカル オン・ザ・タウン 兵庫県立芸術文化センター

 7月20日(土)、兵庫芸文のミュージカルを見に行った。毎年、7月に佐渡裕プロデュースのオペラの公演があるが、今年は、レナード・バーンスタイン作曲のミュージカルである。

 「オン・ザ・タウン」は、1944年12月に初演されて、1949年には、「踊る大紐育」という映画になった。「ニューヨーク・ニューヨーク」という歌を聴いたことがある。「Lucky to be ME」は昨年の1万人の第九で演奏された。

 3人の水兵が24時間の休暇を楽しんで、それぞれ女性に巡り会うという、単純なストーリーだが、登場する人物のキャラが面白く、飽きさせない。ダンスやバレエもあり、楽しめた。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2019
ミュージカル オン・ザ・タウン
全2幕 英語上演 日本語字幕
2019.7.20(土)2pm 開演

佐渡裕指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団
ひょうごプロデュースオペラ合唱団

 舞台はパネルを使って、どんどんと転換して行く。ミュージカルなので、マイクを使っているのだろうが、自然に聞こえている感じがした。

d0097373_02173253.jpg

by nori-126 | 2019-07-20 18:11 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

1万人の第九 2019年は西宮1クラス

 7月19日(金)昼から、1万人の第九の合唱団の抽選結果が発表になった。今年から若い人を入れようと、25歳以下のクラスが二つできて、参加費が通常の9300円が、4000円と安くなっている。森ノ宮の経験者クラスが二つ減っている。他にもクラスの変更があり、指導者の変更もあるようである。

 近年は、週末の練習の時間が取れなくて、土曜日や日曜日のクラスでは、規定の出席回数を満たすことが難しくなっている。

 今年は、第1希望を出席しやすい水曜日の3時からの西宮1とした。2年前にも第1希望にしたことがあるが、この時は、当選しやすいかと思ったからである。結果は、本命である第2希望の森ノ宮10クラスに回された。今回、第2~4希望に、森之宮2、6、8を入れたが、西宮1に当選した。

 初めてのクラスである。昨年の指導者は、花月真先生だった。平日の昼なので、昨年のプログラムの集合写真をみると、男性は年配の人が多いようである。

by nori-126 | 2019-07-19 18:15 | 1万人の第九 | Comments(0)