感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
門真の第九 本番 ルミエール..
at 2018-02-18 21:30
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-02-18 10:09
門真の第九 2018 第8回..
at 2018-02-18 09:54
LA FENICE  レクイ..
at 2018-02-13 02:12
門真の第九 2018 第7回
at 2018-02-13 01:58
ラブリホール合唱団 2018..
at 2018-02-13 01:50
門真の第九 2018 第6回
at 2018-02-11 11:11
レストラン「カクチーナ イン..
at 2018-02-05 13:35
第17回芦屋市民オペラ 「こ..
at 2018-02-04 16:29
LA FENICE レクイエ..
at 2018-02-04 10:00
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(159)
(157)
(136)
(130)
(105)
(96)
(91)
(86)
(78)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(46)
(39)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


吉例顔見世興行 夜の部 京都南座 その2

 12月 17日(水)顔見世興行夜の部の続きである。

第三 信濃路紅葉鬼揃 
 1年前に初演された新作舞踊である。能の「紅葉狩」の詞を使っており、小学生の時に謡として習ったことがあるのを思い出した。舞台は、松羽目だが、松に紅葉がからんでいるのは、目新しい。

 花道から鬼女(玉三郎)を先頭に侍女5人が登場する。全員が能面のような化粧で、能装束なので華やかである。6人の連舞は見事である。平維茂(海老蔵)が登場して、酒を酌み交わす。山神(仁左衛門)が登場して維茂に危険を告げる。後半は歌舞伎風の扮装で、隈取をした6人の鬼女と維茂の立ち回りになる。

 玉三郎は、能装束なのでそのよさが出にくいが、やはり存在感はある。海老蔵は、若武者ぶりがよかった。仁左衛門は、山神であるが少し狂言回しの役どころである。夜の部での出演がこれだけなのは物足りない。歌舞伎の鬼女というのは、隈取が大変怖い。美女との対比であろうが、どうしても好きになれない。

第四 源氏物語千年記念 源氏物語 夕顔  
 新作舞踊である。第一場では、光の君(海老蔵)が、夕顔の花をみつけて、夕顔(扇雀)と出会う。海老蔵は、白塗りの顔に、烏帽子、ピンクの衣装と気品をたたえてぴったりの役である。

 第2場では、青みがかった背景に月がでて、光の君と夕顔が連舞を舞い、御簾の内に消える。歌舞伎では珍しい色っぽい雰囲気に少しとまどったが、雰囲気のある場面である。夜がふけて、六條御息所(玉三郎)の生霊があらわれて、夕顔を呪い殺す。花道から舞台まで、暗闇の中に、玉三郎の姿がかすかに浮かび上がる。夕顔の着物をたたくところでは、着物の赤い色が鮮やかに目立つ。

 第3場は、ぱっと明るくなって、紅葉の美しい池のほとりである。光の君が夕顔の夢をみて、目を覚ますと、季節外れの夕顔の花をみつけるのであった。こういう新作の舞台は、光の使い方が素晴らしくて、舞台装置やライティングに目を奪われてしまう。

d0097373_0591719.jpg

# by nori-126 | 2008-12-20 21:57 | 歌舞伎 | Comments(0)

吉例顔見世興行 夜の部 京都南座 その1

 12月17日(水)京都顔見世の夜の部を観に行った。南座に掲げられた「まねき」と和服の観客をみると、年の瀬を実感する。今年は、吉右衛門、玉三郎、海老蔵の来演があり豪華である。開演前にすぐそばにある「出雲の阿国」の像の写真を撮った。

 幕間に福井のHさん夫妻をおみかけして声をかけた。今年はお互いに舞台から投げられた手ぬぐいを手を入れるという幸運な年であった。席は1階17列20番であった。

第一 傾城反魂香 土佐将監閑居の場 
 舞台は、田舎の侘び住まいである。始めに、絵から抜け出た虎を、絵師である土佐将監(竹三郎)の弟子の修理之助(亀鶴)がなぞって消す。もう一人の弟子又平(翫雀)おとく(藤十郎)の夫婦が訪れる。吃音のある又平は、認められないことをくやしがる。又平が石の手水鉢に描いた自画像が抜けるという奇跡が起きて、土佐の名をもらうことが許される。後半は、扇雀と翫雀の踊りが中心になる。

 藤十郎が、おしゃべりだが夫を思うおとくを表現して秀逸だった。男役の時の藤十郎の雰囲気を思わせた。翫雀は、どもりという難しい役どころであるが、時にひょうきんな面もみせて熱演であった。

 竹三郎と扇雀は珍しく男役だが、竹三郎は絵師という役なので、落ち着いた感じがよくでていた。しかし師匠としての力強さには少し欠ける。同じく、扇雀も女形ではなく、傷を負った武士の役だが、剛毅な武士であった。将監の妻役の吉弥はおちついた品があった。

第ニ 元禄忠臣蔵 大石最後の一日
 真山青果による元禄忠臣蔵の最終編である。「御浜御殿綱豊卿」を前にみたことがある。

 幕が開くと、おとなしい色の室内のセットに、灰色の着物を着た義士が時間をつぶしている。そこに入ってくる僧侶や武士の衣装のあざやかな色が映える。沙汰を待つ義士の暗い気持ちと関係なく存在しつづける外の世界の対比を描いている。後半では、背景の庭が明るく浮かびあがる。

 内蔵助(吉右衛門)が登場すると場がひきしまる。そこに細川内記(種太郎)が入ってきて、内蔵助に言葉を欲しいという。内蔵助は「初一念を忘れるな」と答える。種太郎の若侍ぶりがいさぎよく、義士への思いをうまく表現していた。

 内蔵助が堀内伝右衛門(歌六)に呼ばれて、おみの(芝雀)に引き合わされる。おみのは、磯貝十郎左衛門(錦之助)に会わせるように頼む。おみの役は、男に変装した女という難しい役どころである。歌六は、思いやりのある武士役で親しみがもてた。錦之助はさわやかな若侍を演じて、ぴったりの役である。荒々しい武士よりこういう役がよく似合う。

 磯貝とおみのの二人に、吉右衛門が説くところでは、余りの口跡のよさに、場内からすすり声が聞こえた。吉右衛門の迫力ある台詞に涙がでそうになった。若い二人が可愛そうだからでなく、舞台全体が何か別世界のような奇妙な感覚におそわれたからである。

 幕府からの使い荒木十左衛門(歌昇)がきて、全員切腹と告げる。吉良家にもお咎めがあったことを聞いて内蔵助は、さわやかな笑顔をみせる。

 うす暗い舞台を白い裃をつけた義士が上手から入ってきてそのまま花道から去っていく。その中で、自害したおみのがスポットライトの中に浮かび上がり、磯貝と別れを告げる。それを見届けた吉右衛門は、「初一念を貫いた」と満足し、悟りきった面持ちで毅然と花道を下がっていくのであった。

 元禄忠臣蔵は理屈っぽい台詞が多いが、この場面ではその台詞がくどくなく、場面を盛り上げる効果を出している。吉右衛門の貫禄、台詞回しの見事さ、今一番花のある役者であると再認識した。それを関西でみられることは何という幸せであろうか。

   出雲の阿国像     ↓         
d0097373_125884.jpg

   賀茂川上流を望む  ↓
d0097373_2255681.jpg

# by nori-126 | 2008-12-18 22:22 | 歌舞伎 | Comments(0)

エリック・カール展 美術館「えき」KYOTO

d0097373_1463638.jpg 12月17日(水)京都の顔見世を見に行く前に、エリック・カール展に行った。エリック・カールは、「はらぺこあおむし」という絵本で有名な作家である。

 絵本の魔術師
 エリック カール展 
 「はらぺこあおむし」から最新作まで
 2008年11月29日(土)~12月28日(日)
 美術館「えき」KYOTO

 
 エリック・カールの絵本は、薄いティッシュに色をつけた色紙を切り貼りするというやり方で作られており、色彩の豊かさが特徴である。印刷してしまうと貼り絵の質感がでないので、ぜひ原画をみてみたい作家の一人である。

 会場には、初期の絵本から「はらぺこあおむし」「パパお月さまとって」「だんまりこうろぎ」「とうさんはタツノオトシゴ」などの有名な作品、さらに最近の作品まで、その原画が展示されている。他に、色紙だけを独立して鑑賞するように展示されているので、色彩の豊かなことを実感できる。大きな画面で、エリック・カールが絵本を製作する過程を紹介しているので、どのように作られているかと理解することができる。

 しかし、原画を入れた額はガラスがはめてあって、質感を理解しにくいのが残念であった。3年ほど前にみた大阪でのエリック・カール展では、直に貼り絵をみることができるように展示されていた。会場には、子どもをつれた若いお母さんが多く見られた。
# by nori-126 | 2008-12-18 01:42 | 美術展 | Comments(0)

冬の花壇 2008-2009

 12月に入って、職場玄関横の花壇を、冬の花壇に模様替えをした。これまでは、冬の花壇には、パンジーやビオラを多く植えてきたが、暖かくならないと花が多くならない。今年は、寒い冬でも咲くミニシクラメンやプリムラの鮮やかな花色で花壇を満たすことにした。ほかには、もみじ葉ゼラニューム、ほうき草、葉ボタンを並べている。豆ライトを配線して、夜だけライトをつけている。

    もみじ葉ゼラニューム ↓               ピラカンサ  ↓
d0097373_14224374.jpgd0097373_1423423.jpg








d0097373_1439523.jpg

# by nori-126 | 2008-12-14 14:31 | 園芸 | Comments(0)

noriさんの「一万人の第九 2008」

 私にとって3回目の参加となった「第26回一万人の第九」を振り返ってみる。

第九は奥深い
 7月に申し込みの結果が判明し、第3希望である経験者クラスの大阪8クラスに決まった。富岡健先生のレッスンは、経験者クラスだけにレベルが高く、第九は奥が深いと実感した。芦屋での第九に参加して、100人程度の合唱団で歌った。一万人の第九では得られない他のパートを聞きながら歌うという経験ができた。

第九は人との出会い
 大阪8クラスには、知り合いの「ゆかべりん」さんがいて、Mさんを紹介してもらった。レッスンのあとに食事をする機会が2度あった。「まみりんさん」と改めて自己紹介する。Yさんにはじめて会って話をした。

 過去2回に参加した大阪Dクラスでのレッスン後の飲み会に2回お邪魔した。I 先生、T 先生、midoさん、まさぽん、OTさんらと飲んで楽しく話をした。

 一万人の第九の知り合いから、芦屋での第九に合唱団の一員として参加しないかと誘われた。その合唱団には、旧知のOHさんが所属しておられて、26回連続出場のMMさんにお会いした。合唱団の皆様にお世話になった。

 佐渡錬とリハーサルの後に、HMさんの大阪Cクラスの仲間と一緒に飲んだ。昨年の佐渡錬のあとに初めてお会いしたAHさん、OMさん、SYさんらと再会した。

 大阪城では、「ぷちこさん」「ayaさん」に久しぶりに再会した。本番後は大阪Dクラスの打ち上げに参加して、昨年の打ち上げでご一緒したバスのOEさん、HAさん、OYさんに会って話をした。今年からDクラスに参加したという人ともお会いできた。
 
 レッスンは5回(6回のうち1回欠席)で、食事会が7回あった。今年も多くの人との出会いがあって、これこそ alle Menschen werden Bruder を実践しているのではないかと思うが、「そんなんちゃうで」とベートーベンの声が聞こえてきそうである。
  
   2008年版の一万人の楽譜 ↓   ベーレンライター版の楽譜  ↓
d0097373_13152660.jpg

# by nori-126 | 2008-12-13 22:27 | 1万人の第九 | Comments(0)

アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団演奏会

 12月10日(水)、フェスティバルホールでのウラジミール・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏会に行った。娘と待ち合わせて、梅田のレストランで食事をした。娘と二人だけでレストランで食事をするのは、初めてかもしれない。

 フェスティバルホールの階段には、クリスマスの飾りつけがあったが、今月でこのフェスティバルホールが無くなるかと思うと、華やかな感じはしない。通路には50年の歴史を示す写真や年表が展示されていた。席は1階N列R22・23であった。

 ウラジミール・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団演奏会
 2008・12・10(水)7:00pm フェスティバルホール 大阪市
 ブラームス 「大学祝典序曲」 
 メンデルスゾーン 「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」 
  Vn 諏訪内晶子
 ブラームス 「交響曲第1番ハ短調」


 大学祝典序曲は、フルメンバーでにぎやかに演奏された。ブラスの音が安定していて、楽しい音楽を楽しめた。アシュケナージが前かがみで指揮する様は、巨匠というより、親しみやすいおじさんという感じであった。

 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、クラシックを聴き始めたころに聞いたことがあるが、あまり特徴のない曲という印象だった。アシュケナージがチェコフィルを指揮して諏訪内晶子が独奏したCDを持っている。しかし、生で聞くヴァイオリンの音は、全く違うものだった。様々な音色をもつ高低のある音が流れるように響いた。この曲がこんなに変化に富んだ曲だとはじめて知った。アンコールは、バッハの無伴奏ソナタであった。

 ブラームスの一番は、フルメンバーで演奏されたが、ストリングスの分厚い荘厳な響きが会場を圧倒した。第4楽章の後半では、ストリングスが大きなひとつの塊となって地響きのように舞台に満ちて今までに経験したことのない感覚に捕らわれた。そこに、ホルンが清楚に響く様は、音楽が導いてくれる至福の喜びをもたらしてくれた。アンコールは、ストリングスによる「楽興の時3番」であった。

 現在のフェスティバルホールでの最終公演は、30日の第九であるが、それを聞きにくることになっている。終わってからすぐ近くの渡辺橋駅から中ノ島線にはじめて乗った。駅は広くてきれいである。大江橋駅でおりて、OSAKA光のルネッサンスの市庁前のクリスマスツリーとイルミネーションをみた。 

 
d0097373_2241348.jpg
d0097373_22412594.jpg
d0097373_22414462.jpg

# by nori-126 | 2008-12-12 22:45 | クラシック音楽 | Comments(2)

一万人の第九 本番 大阪城ホール

 12月7日(日)、いよいよ一万人の第九の本番である。いい天気だが、大変寒い。9時半前にホールに着いて入場をした。右隣の人に話しかけると、同じ大阪8クラスで5回目の参加とのことだった。席を詰める作業があって、二つ左に移動した。スタンド席の I 5列14番の席となる。左隣の人と話をした。

 清原先生の発声練習があって、隣の人の肩たたきも定番として行われる。ゲネプロは、2部の第九からはじまったが、佐渡さんは、ほとんど演奏をとめることなく、スムースに終了した。通路を歩いて、「まさぽん」「ゆかべりん」「ぷち子さん」「ayaさん」が食事をしているのをみつけた。

 1部のゲネプロは、司会者が登場する。今年は入社一年目の齊藤裕美アナが担当したが、落ち着いた態度に感心した。ゲネプロでは、話を簡単にして本番での楽しみを残しておくのもさすがである。Chemistryとのやり取りがあり、3曲の練習があった。

 本番の開始までに1時間近い休憩があった。大阪CクラスのHMさんの仲間に入れてもらって写真を撮った。通路は人が多くて大変であったが。「まさぽん」さんのグループに会うと、midoさんも一緒におられて話をした。

 本番前に、佐渡さんが観客に対して、Mのところを一緒に歌ってくださいと練習をした。第1部はスクリーンに今年のテーマである「歌のある星へ」のイメージ映像が映しだされて、ソリストがリュート演奏(高本一郎)で、「とてもいとしい方」「韓国民謡 舟歌」「オ・ソレ・ミオ」「翼をください」を歌った。Chemistryが登場して、「恋する雪 愛する空」「冬の星座」「約束の場所」を歌った。

 休憩のあと、2部の第九である。合唱のところでは、思い切り歌えた。毎年少しは進歩しているのではないかと満足をする。「蛍の光」を歌って、暗い中に黄緑のミニライトが揺れた。これで、3回目の一万人の第九が終わった。来年もまたここに戻ってくることを期待してホールをでる。

 噴水の前で、大阪Cクラスの人たちと握手をして別れた。「和民」で行われた大阪Dクラスの打ち上げに参加した。今年は20人くらいと参加者が増えた。I先生の「オ・ソレ・ミオ」、全員でのMのところの合唱とにぎやかな打ち上げとなった。
   
d0097373_105284.jpg
d0097373_111540.jpg


 
# by nori-126 | 2008-12-09 00:40 | 1万人の第九 | Comments(6)

一万人の第九 リハーサル 大阪城ホール

 12月6日(土)夕方から、一万人の第九のリハーサルが大阪城ホールであった。JR環状線の大阪城公園駅を降りると、ホールへ向かって歩く多くの人の波があった。入る前に、大阪Dクラスのバスの2人にお会いして話をした。また、大阪CクラスのKMさんにも会った。

 プログラムを買ってホールの中に入る。席はスタンドの I 5列16番で、入場通路の上の方になる。大阪8クラスのMさんは、2列前である。3回目にしてはじめてのスタンド席だが、そこからアルト側をみると、合唱団の3分の2くらいが一望できて、多くの人が参加しているのだということが実感できる。

 はじめに清原先生が発声練習と、「冬の星座」と「約束の場所」の合唱の練習を指導された。オーケストラが入って、佐渡裕さんが登場する。今日が清原先生の誕生日であるということで、花束贈呈があり、「Happy Birthday to you」が歌われた。独唱者が紹介されて、第4楽章のはじめからリハーサルがはじまる。少し手直しがあった。

 そしてChemistryが登場する。「約束の場所」では、淀川工科高の吹奏楽部のメンバーが伴奏をした。「冬の星座」では、少人数の管弦楽が伴奏をする。もう一度、清原先生が合唱の復習をされて、当初予定より45分も遅く終了した。帰りにMidoさんに会ってあいさつをした。

 噴水の前で大阪DクラスのHMさんのグループ11人に会い、京橋駅近くの居酒屋で飲んで話をした。6人は、先日の佐渡錬のあとに一緒させていただいたメンバーである。
# by nori-126 | 2008-12-07 01:27 | 1万人の第九 | Comments(0)

御堂筋のイチョウ 大阪市

 12月4日(木)、いい天気なので昼に御堂筋のイチョウを見に行った。淀屋橋駅で降りて南に少し歩くとガスビルがある。イチョウは、見頃を少し過ぎていたが、明るい黄色が御堂筋の景色を変えてしまったという趣きであった。

 3時ごろだと太陽がやや傾いて、高いビルのあるところでは、陽が射さない。高いビルのないところで、陽が射すところを探して少し歩いた。ガスビルは、昨年秋に訪れたところであるが、ビルの前のイチョウが黄葉すると、また違った趣きをみせてくれる。

d0097373_0404476.jpg
d0097373_041493.jpg
d0097373_0411922.jpg

  大阪ガスビルディング  ↓
d0097373_0413681.jpg

# by nori-126 | 2008-12-06 00:33 | 花 四季彩々 | Comments(2)

佐渡裕特別レッスン 豊中市立市民会館

 12月3日(水)午後6時45分から豊中市立市民会館で、一万人の第九の佐渡裕特別レッスンがあった。大阪8クラスのレッスンには参加できないために、変更をしてもらったもので、大阪C・D・Eクラス・神戸クラスと合唱団体の集まりである。

 初めに神戸クラス指導の青木耕平先生の発声練習があった。そして、佐渡裕さんの登場となる。初めて参加の方は手を挙げてといわれて、会場の3分の1くらいが手を挙げた。佐渡さんがレッスンの中で強調されたのは、他の人と協調する合唱の楽しさであり、すべての人が兄弟になるという思想であった。

 最初に男声の「Freudeが弱い。手を前方に挙げて歌うことで力強く歌うように」といわれた。どんどん歌声が力強くなるのが実感された。Dでは隣の人と手をつないでリズムを取りながら歌った。Eではweinend sichの意味(喜びの輪より去れ)を強調された。

 Gでは八分音符のリズムを刻んで歌う。バスは裏方として支えている。Gotのオーを長く伸ばした。男声のマーチでは肩を組んで歌った。佐渡さんも最前列で肩を組んだ。手を握ったり開いたりしてリズムを取った。バスとテノールで歌う3回のfreudigを意識して歌った。eure Bahnは「my way」であると言われると、ピアノが「my way」のイントロを弾き、佐渡さんが「いま船出が近づく」と歌って、場内は大爆笑となった。

 Ihr sturzt niederでは、sturztをきちん歌うことと全体を極力小さな声で歌う練習をした。二重フーガは、うまく歌えたと言ってもらえた。Rの各パートがそれぞれ歌いつなぐところを確認した。SではAlle Menschenの前の四分休符の取り方を繰りかえす。最後にピアノが見事に弾き終わって大きな拍手と共に、佐渡レッスンは終了した。

 磯野先生が練習中、テノールとバスの間の通路で聴いておられたのであいさつをした。Midoさん、グリーンエコー合唱団の同業のOGWさんと連続出場のMNKCさん、大阪CのKNGWさんにお会いした。終わってから、大阪CのHSGWさんのグループ10人(SMYSさん、OTAさん、ASIさんら)と駅近くの焼鳥屋で飲んで食べて楽しく話をした。

d0097373_161526.jpg


 
# by nori-126 | 2008-12-05 01:18 | 1万人の第九 | Comments(0)