感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 2019..
at 2018-05-22 02:24
第38回 四つの男声合唱の集..
at 2018-05-22 02:13
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-20 01:43
LA FENICE ペアボイ..
at 2018-05-19 02:03
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2018-05-17 02:06
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-13 21:19
LA FENICE 2019..
at 2018-05-13 08:57
MET ライヴビューイング ..
at 2018-05-10 02:12
大和葛城山 ツツジ
at 2018-05-10 02:07
バイオリンレッスン  第108回
at 2018-05-10 01:59
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(166)
(164)
(158)
(136)
(131)
(109)
(108)
(96)
(86)
(83)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(47)
(40)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


西国街道 第2回 JR住吉駅~JR西宮駅

 5月6日(日)、ゴールデンウイーク最終日、街道歩きをした。歩き始めは、風もさわやかで気持ちよかったが、日影がなくて暑かった。

西国街道 第2回 JR住吉~JR西宮
JR住吉-東灘区役所-業平橋-打出天神社ー阪神香櫨園駅-西宮神社-JR西宮駅


 JR住吉駅からすぐ南で、前回歩いた街道の続きを歩いた。国道2号線に沿ってしばらく行くと、東灘区役所の先に消防署があった。その庭に阪神淡路大震災の慰霊の彫像とモニュメントがあった。

 六甲ライナーの下を越えて、すぐ東で細い道を北に歩くと、街角に花松首地蔵がある。ここからは、住宅街の裏道を歩くことになるが、家は新しい作りで、昔の面影は全くない。街道歩きをしていると、わずかでも古い街並みが残っているものなのだが、神戸は震災で無くなってしまったのだろうか?

 再び国道2号線にでて、車の行き交う道の歩道を歩いた。大きなマンションや会社のビルなどが続いている。芦屋川にかかる業平橋を渡る。先日、コンサート聴きに来たルナ―ホールが見える。六甲からの川は、流れが急である。市街なのに、山の中にある渓流のような印象を受ける。

 JR芦屋駅の南のあたりで、斜めの少し細い道に入った。この辺りはお屋敷までとはいかないが、大きな一戸建てが並んでいる。阪神打出駅北のところで、打出天神社にお参りした。さらに東に歩いて、阪神電車沿いに歩いて、香櫨園駅に至った。

 少し歩いた所に西宮神社がある。毎年1月の十日戎で有名な神社であるが、来るのは初めてである。開門行事で福をもらおうとダッシュする様は、テレビでお馴染みだが、さすがに広い境内である。本殿が立派なだけでなく、大きな社が並んでいた。

 さらに東に歩いて、川にでたところで、北に向かった。JRの線路と出会う手前までを今日の道程として、ここから東に歩いてJR西宮駅から帰った。JR西宮駅は、10年あまり前に、近くのビルで委員会が何度かあったので、来たことがある。

                東灘消防署横の震災記念碑 ↓
 
d0097373_00440356.jpg
花松首地蔵 ↓
d0097373_00440670.jpg
芦屋川とルナ・ホール ↓
d0097373_00441002.jpg
西宮神社本殿 ↓
d0097373_00441326.jpg
西宮神社参道 ↓
d0097373_00441684.jpg
西宮神社山門 ↓
d0097373_00441918.jpg

# by nori-126 | 2018-05-06 22:49 | 街道を歩く | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第4回

 5月5日(土・祝)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。河内長野駅に少し早く着いたので、駅前のビルで、夕食を取った。ラブリーホールのレストランは、都合で夕方はやっていない。

 中村貴志先生の指導だった。今日は臨時ということである。前回からの課題であるGloriaとEt in terraの前半を歌った。ソプラノやバスのパートは注意がされて、なんどか歌い直すことが多いが、テノールはあまり注意されない。一回歌ってOKがでることもあり、歌い足りない感じである。

 中村先生にLA FENICE でも指導していただくことになり、1回目は欠席したが、よろしくお願いしますと挨拶した。堺の第九で一度だけ指導していただいて、ラブリーホール合唱団でもお世話になり、LA FENICEでも指導していただくことになった。中村先生は、名古屋在住であり、大阪では知らない人も多いというのに、縁があるということである。

 

# by nori-126 | 2018-05-05 22:49 | 合唱 | Comments(0)

カルメン  芦屋ルナホール

 4月30日(月・祝)、オペラを見に行った。ほんのわずか遅刻したが、満席に近いということで、とりあえず一番後ろで立ち見で見た。後半は空いている前の席に座れたが。昼・夜2回公演の夜の部で、一部を除いてダブルキャストである。

ヴォイス・アーツ公演
オペラ カルメン 日本語上演
2018・4・30(月・祝)16時30分
芦屋ルナ・ホール

指揮:井村誠貴 演出:田中孝弥
夜公演 キャスト
 カルメン   糀谷 栄里子 ドンホセ    谷浩一郎
 ミカエラ   上村 智恵  エスカミーリョ 油井 宏隆
 フラスキータ 吉里 瞳子  メルセデス   上茂 優子
 スニガ    高橋 純   ダンカイロ   嶋本 晃
 レメンダード 竹内 直紀  黒い女     東出 益代
管弦楽 アンサンブル・サビーナ
合唱団 カルメン合唱団

 舞台はシンプルだが、工夫がされていて、大きな木が舞台中央からぶら下がっていたり、スクリーンを使って、変化を見せていた。はじめと最後にでてくる黒い女が踊るのが、カルメンの運命を暗示している。レスタティーボは台詞調なので、ストーリーがわかりやすい。

 ドンホセのテノールはよく声が通る。バリトンのエスカミーリョは、重みがあって、素晴らしかった。ミカエラは、素朴な感じで、高い声がよくでていた。

 合唱団は、ハートフル合唱団のメンバーが中心だが、知り合いのINUEさん、MTOKさん、YMMTさんが参加しておられた。終わってから、出演のKさんに初めて挨拶した。知り合いの親戚の方だということで、お話をした。

 香櫨園のレストラン「カクチーナ・インカント」でディナーをした。ピアノを弾いておられたのが、カルメンに出演されていたTさんの奥様だった。角地先生のカンツォーネを2曲と、ピアノで「夢見る想い」を聴いた。

 高校生の頃は、シャンソンやカンツォーネが、日本語でも歌われて、ヒットしていた。ジリオラ・チンクエッティの出だしの「ノンノレター」という歌詞を覚えている。調べてみると、ノンはnon で否定、ノはリエゾンしたho で持つ、l'eta は年齢、後の文を受けて、(恋する)年齢ではないという意味だということが、50年経って分かった。
 

# by nori-126 | 2018-05-01 23:11 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第3回

 4月28日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の指導で、前回練習した、Gloria in exelsis とet in terra pax を歌ったが、なかなか先に進まない。ソプラノが2パートあるので、各パートごとに歌っていると、自分の歌う時間が少ない。

 OOGSさんと話をしながら駅まで歩いた。新音フロイデ合唱団の秋のコンサートのチケットを買うことにした。

# by nori-126 | 2018-04-30 22:29 | 合唱 | Comments(0)

天満天神繁盛亭 夜席 四月天神寄席 空に憧れて

 4月25日(水)、天満天神繁盛亭に行った。2006年に開場した寄席に一度来たいと思いながら、機会がなかったが、知り合いが出演されるということで、チケットを取った。6時前に行くと、門真の第九の知り合いのICDさん、OKMRさん、合唱団の知り合いのOGSさんと他に2人おられた。

 チケットの番号順に入場して、前から3列目に並んだ。天井には寄付者の名前を書いた提灯がぎっしりと並んでいた。

四月 天神寄席 「空に憧れて」
2018・4・25(水)18時半 開演
天満天神亭

「鷺とり」桂りょうば
「さわやか航空652便」桂文鹿
「愛宕山」桂三風
「立体西遊記」笑福亭鶴笑
鼎談「吹っ飛びサイエンスショー」
 大阪市立科学館学芸員 長谷川能三
 大阪大学招聘教授   高島幸次
            桂春団治
「天狗さばき」桂塩鯛

 毎月25日夜席は、テーマを決めて行われる。この日は「空に憧れて」で、空を飛ぶ落語が5題と鼎談があった。

 ちょうばの「鷺とり」は、テープにとっていた枝雀のものとそっくりで、枝雀さんを偲んでしんみりしていたら、枝雀の長男であるとわかった。落語家になって2年という事で、声ははっきりしているが、間が感じられるにはまだ時間がかかりそうである。

 文鹿の格安航空会社の新作落語は、笑いが多かった。三風の愛宕山は、人物描写がうまい。大店の旦那が、一泡吹かせてやりたくなる太鼓持ちの生意気な感じがよくでていた。立体西遊記は、人形を使って荒唐無稽な動きになる。

 中入り後に鼎談として、ゲストの長谷川能三さんが出演された。落語にでてくる飛行を科学的に分析するという話から、送風機を使っての浮揚実験、紙で作ったブーメランの紹介など、春団治さんのボケを見事に受け止めて応答されて、プロに負けない立派な掛け合いをされた。

 トリは桂塩鯛で、師匠のざこばをいじる枕から、「天狗さばき」の本題へ入った。改めて、この話はよくできているなあと感心した。夢の話なんてといいながら、つい聞きたくなる流れが本当によくできている。

 高島幸次さんの著書「上方落語史観」を買って、本人のサインをしてもらった。長谷川さんのパンフ「そらみたことか」、無限階段、紙のブーメランセットを買った。ICDさんらと天神橋筋のイタリアン居酒屋でワインを飲んで、話をした。

 新音フロイデのMRMTさんとFBの友達になった。KMMTさんが、大学の後輩とわかり、大学の合唱団出身で、一万人の第九の知り合いであるSNさんをご存じだった。

d0097373_00221926.jpg
d0097373_00222464.jpg

# by nori-126 | 2018-04-26 16:44 | 古典芸能 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第2回

 4月22日(土) 、ラブリーホール合唱団の練習に行った。1回目の練習に出た後は、LA FENICE合唱団のリハ、1万人の第九の知り合いの懇親会、家の引っ越しで3回欠席した。休んでいる間に、キリエが一通り終わってしまった。Kyrie eleisonの繰り返しが続く難しいところで、自主練習をしなくてはならない。

 今日は、小玉先生の指導で、Groria in excelsis と Et in terra pax を練習した。読み方の確認をした。cel は ツェル となり、hominibus の h は発音する。bonae は ボネ voluntatis の v はv と発音する。パートごとに歌ってみて、いくつかのパートで合わせてみた。

 音取りCDを聞いているが、まだまだ歌える状態ではない。上手な人のまねをしている段階である。帰りにOOGSさんに挨拶をして、知り合いの方と話をしながら電車で帰った。

# by nori-126 | 2018-04-22 19:52 | 合唱 | Comments(0)

ザ・シンフォニーホール 弦楽合奏団 Vol.4

 4月8日(水)、ザ・シンフォニーホールで室内楽を聴いた。ザ・シンフォニーホールがプロデュースする室内楽団の一つで、2016年11月に同じアンサンブルを聴いたことがある。今年のニューイヤーコンサートでは、3つのアンサンブルの合同の演奏を聴いた。

 お客さんは1階席だけで3割くらいだろうか?C列11番だったが、こういうコンサートに来るのは、クラシックを聴きなれた人が多いはずだが、聴きなれた人の方がマナーが悪い。後ろの年配の男性は、細かく居眠りをして、いびきをかいていた。演奏中にしゃべる人もいた。後半は、空いている席に移動した。

ザ・シンフォニーホール弦楽合奏団 第4回演奏会
2018・4・18(水)19時開演
ザ・シンフォニーホール

バイオリン  松浦奈々(日本センチュリー)西川莉利奈(日本センチュリー)
       里屋幸(大阪交響楽団)   友永健二(関西フィル)
       米川さやか(大阪交響楽団) 増永花恵(関西フィル)
       小川和代(日本センチュリー)
ビオラ    飯田(日本センチュリ―)  飛田千寿子(関西フィル)
チェロ    渡邊弾楽(日本センチュリー)大町剛(関西フィル)
コントラバス 村田和幸(日本センチュリー)

ゲスト フルート 河本朋美(関西フィル)  永江真由子(日本センチュリー)
         奥本華菜子(大阪交響楽団)知久翔(PAC)
    チェンバロ パブロ・エスカンデ

モーツァルト:ディヴェルティメント変ロ長調K137
ヴィヴァルディ:2本オフルートと弦楽合奏とチェンバロのための協奏曲 ハ長調
ヴィヴァルディ:2本のオーボエと弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲ニ短調(フルートにより演奏)
アレンスキー:チャイコフスキーの主題による変奏曲
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲ロ短調(フルートにより演奏)
ホルスト:セントポール組曲

 前回は、アイネ・クライネ・ナハトムジークや四季というポピュラーな曲が演奏されたが、今回は聴いたことのない曲ばかりだった。フルートの合奏が珍しくて、テクニックもかなりのものと思われた。
 終演後に、ロビーでIIDさん、WTNBさんに挨拶をした。

# by nori-126 | 2018-04-19 01:11 | クラシック音楽 | Comments(0)

杮葺落4月大歌舞伎 夜の部 御園座

 4月11日(水)、名古屋に歌舞伎を見に行った。前の御園座には、2012年2月、菊之助、松緑の歌舞伎を見に来たことがある。経営不振から、2013年3月に閉館となったが、企業の支援で現地で建て替えられ、今月から新しい御園座がオープンして、杮葺落公演が行われている。

 エスカレーターで2階に上がると、正面入り口がある。館内や椅子は赤で統一されている。モダンな感じだが、芝居小屋の雰囲気は無い。客席数は1200少しと前より400くらい少なくなった。舞台の幅は38mと歌舞伎座の27mより広い。前は客席での飲食が禁止されていたが、可能になった。ロビーにいくつか売店があり、名物のアイス最中を食べた。

 チケットを取る時に、後ろの方の花道横しか空いてなかったので、19列14番という席を取ったが、前方に空席がかなりあった。花道横は、役者が近くで見られるし、弁慶が飛び六法で引っ込む時には、迫力を感じられる。すぐ横が通路だったので、舞台を見やすかった。

杮葺落四月大歌舞伎
松本幸四郎改め 二代目松本白鸚 
市川染五郎改め 十代目松本幸四郎 襲名披露

一、梶原平三誉石切 鶴ヶ岡八幡社頭の場
梶原平三  吉右衛門   六郎太夫  歌六
梢     雀右衛門   山口十郎  歌昇
川島八平  種之助    岡崎将監  米吉
森村兵衛  吉之丞    剣菱呑助  橘三郎
飛脚早助  宗之助    俣野五郎  又五郎
大庭三郎  左團次

 石切は、吉右衛門や仁左衛門で何度が見たことがある。吉右衛門の平三は、六郎太夫父娘への思いやりが伺えるが、一方では、娘を見てにっこりするなどひょうきんな面がある。歌六の六郎太夫は、慣れたものである。雀右衛門の梢は父への想いをみせて、可愛らしい。

 左團次は、悪役だが余裕のある貫録を見せた。赤顔の又五郎がいつもと違う役で、名前を見るまで誰かわからなかった。声もよく通る。橘三郎が酒尽くしの洒落をいうのに、名古屋弁で言ったり、名古屋の金鯱という酒を組み込んでいた。

ニ、勧進帳
武蔵坊弁慶  白鷗    富樫左衛門  幸四郎
亀井六郎   友右衛門  片岡八郎   高麗蔵
駿河次郎   廣太郎   常陸坊海尊  錦吾
源義経    鴈治郎

 勧進帳も何度も見ているが、新幸四郎の富樫はいかにとみていた。初めに名乗りを上げる処から、やはり若さがでている。血気盛んな使命に燃える若者ではあるが、落ち着きが欲しい。菊五郎の富樫のような領域に達するには、年月がかかる。

 白鷗の弁慶は、かっての団十郎に比べると、豪快さがやや劣る。芸風や年齢のこともあるだろう。花道横で見ていたが、六方での引っ込みも迫力に欠けるのは仕方がない。團十郎で見て感動した時は、團十郎が60歳くらい、白鷗は75歳なのだから。

三、廓文章 吉田屋

伊左衛門     幸四郎   夕霧       壱太郎
阿波の大尽    寿治郎   吉田屋喜左衛門  歌六
吉田屋女房おきさ 秀太郎

 舞台が横に広すぎるので、下手側に囃子方を配しても、中央での演技が小さく見えてしまう。上方和事を広い舞台でするのは、無理がある。

 新幸四郎が上方和事の、それも典型的な若旦那に挑戦するのが興味深かった。少し真面目過ぎる軽薄な若者のように見えた。花道を入ってくる歩き方やそわそわする時の歩き方が、上方の役者とは違う。女形のように見えるとお客さんが話していたが、同じことを感じた。無理にこういう役をやらなくてもいいのではないだろうか?

 壱太郎の夕霧が美しかった。品というものが感じられるようになると、顔も変わってくるものなのだろう。伊左衛門に気にいられたいとご機嫌を伺いながらも、全盛の太夫の品位も見せた。最後に、秀太郎が手締めをしましょうと、大阪締めをした。

 名古屋駅構内で、ひつまぶしを食べて、帰った。

d0097373_00292967.jpg
d0097373_00293319.jpg
d0097373_00293677.jpg
d0097373_00293972.jpg

     

# by nori-126 | 2018-04-12 00:24 | 歌舞伎 | Comments(0)

1万人の第九 懇親会 明月記

 4月8日(日)、1万人の第九仲間の懇親会が明月記であった。ONさんのお世話で、毎年この時期に行われている。今年は例年より桜の開花が早く、夜桜は残念ながら見られなかった。昨年は、同じ時期の夕方で、桜が満開だったことを思い出す。

 参加者は18人で、12年前に1万人の第九に初参加して以来の仲間、ONさん夫妻、OKIさん夫妻、OKMTさん夫妻と昔話をした。OKMTさんが1か月入院された話を聞いた。同じころからの知り合い、MSDさん、KRKさん、7-8年前に知り合ったKTさん、KWSTさん、KDMさん、FJOKさん、MEHRさん、5-6年前からの知り合い、SKさん、AOKさん、KMSRさん、KMRさんと、少なくとも5年以上の付き合いである。

 眼下に大阪の夜景を楽しみながら、食事と歓談を楽しんだ。遠くには、あべのハルカスの光も見えた。

d0097373_01184441.jpg

# by nori-126 | 2018-04-09 02:04 | 1万人の第九 | Comments(0)

大阪フィル 第517回定演 フェスティバルホール

 4月8日(日)、大阪フィルの定演に行った。4月から尾高忠明さんが音楽監督に就任して、初めての定演である。今シーズンは、通路の少し前のやや左よりの席が取れた。偶然にも隣はO合唱団のMさん夫妻だった。

大阪フィルハーモニー交響楽団 第517回 定期演奏会
尾高忠明 音楽監督 就任披露演奏会
2018.4.8(日)15時開演
フェスティバルホール
指揮:尾高忠明

三善晃 オーケストラのための「ノエシス」
ブルックナー 交響曲 第8番 ハ短調(ハース版)

 三善晃の曲はパーカッションが活躍する曲で、8分間の短い曲だった。休憩時に娘の大学時代のゼミの先生に挨拶した。音楽評論家のTJさんを見かけた。関東の評論家なのに、大フィルのコンサートでは、前にもお見かけした。

 ブルックナーは、朝比奈隆指揮のCDを持っているので、メロディに聞き覚えのあるところがあった。8番は、大フィルでは、常任指揮者以外には演奏しないという。朝比奈さん以降では、大植さん、井上さんしか演奏していないと、TJさんのブログに書かれていた。就任披露に8番を選ばれた意欲を感じさせる演奏だった。ブラスが安定していて、盛り上がりがあった。

 帰りがけに、前にのあったことのある大学の同級生TKYS君に会った。定期会員だが、2回公演の1日目、2日目に半々くらいに来ているとのことである。音楽の話をしながら、駅まで歩いた。

# by nori-126 | 2018-04-09 02:02 | クラシック音楽 | Comments(0)