感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
西国街道 第4回 阪急門戸厄..
at 2019-01-14 19:19
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-01-13 00:20
門真の第九 第5回
at 2019-01-12 22:56
初春文楽公演 第2部 国立文..
at 2019-01-10 00:32
バイオリンレッスン  第124回
at 2019-01-09 01:01
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2019-01-06 01:01
門真の第九 第4回
at 2019-01-06 00:58
初春文楽公演 第1部 国立文..
at 2019-01-04 10:47
ニューイヤーコンサート201..
at 2019-01-02 22:46
西国街道 第3回 JR西宮~..
at 2019-01-02 22:23
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(191)
(176)
(162)
(154)
(139)
(136)
(124)
(99)
(96)
(86)
(78)
(70)
(65)
(59)
(50)
(47)
(34)
(23)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 Vol.5 フェスティバルホール

 12月30日(日)、大阪フィルハーモニー管弦楽団の第九を聴きに行った。年末に毎年開催されていて何度か行ったことがある。初めて第九のコンサートに行ったのは、2004年の年末の大フィルだったし、前のフェスティバルホールの最後の公演もそうだった。今年は、ベートーベン交響曲全曲演奏会の最終回として、29日(土)と2回公演が5時から行われた。

 席は11列40番で、前から5列目のやや右寄りである。着席の前に、KBYSさんに声をかけられ、NKJMさんに声をかけて、TKYSさんをみつけた。合唱団には、12人の知り合いが参加されていた。

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 Vol.5
2018年12月30日(日)午後5時開演
指揮 尾高忠明 大阪フィルハーモニー交響楽団
大阪フィルハーモニー合唱団 合唱指揮 福島章恭
ソプラノ 安藤赴美子 アルト 加納悦子
テノール 福井 敬  バリトン 与那城 敬

ベートーヴェン 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 合唱付

 第九は男性合唱の響きがよくて、迫力があった。強弱が強調されていて、弱いところも聴かせるだけの力があった。テノールの福井さんの声が男性合唱の中でも十分に響き渡った。

 オーケストラだけが退場して、ブルーの弱い光に包まれた合唱団が、蛍の光をアカペラで歌った。拡張された舞台が下がって、スモークが流れる。毎年の企画であるが、感動的である。

 赤い絨毯の階段の下で、同じ合唱団の人達に会った。KBYSさんが、音大のITU先生やピアニストのYBKさんらと食事に行くということで、10人くらいが、鉄板神社というところに行った。KBYSさんの同郷の県人会や異業種交流会の人達が一緒だった。

 ここ数年、大阪フィルの第九の後で、団員たちが梅田のディアモールの広場で、第九を歌うことになっている。広場で20分ほど待っていたが、遅くなりそうなので帰った。私が帰って30分ほどして、15人くらいで、蛍の光と、第九のMを歌った映像が、FBにアップされていた。

d0097373_01163512.jpg

# by nori-126 | 2018-12-31 00:51 | クラシック音楽 | Comments(0)

関西紅白オペラ歌合戦 シンフォニーホール

 12月29日(土)、シンフォニーホールのコンサートに行った。関西のオペラ歌手22人が、一堂に会するという企画が、初めて開催された。紅白歌合戦ということなので、最後にスポンサー企業のお偉方が、旗を上げて、紅組の勝となったのはお遊びとして、今後も続けて欲しい企画である。

 席は、前から3列目で、中央より少し左寄りといういい席だった。席に着くと、すぐ左後にいた門真の第九のESKさんが、声をかけられた。妹さんとこられていた。休憩時間にTMGWさんにも会った。終わって、清原浩斗先生に挨拶をした。

 出演者の半数は知っていて、5人の歌手は、第九の舞台でご一緒したことがある。ほぼ知っている曲ばかりだが、オペラの筋を知らないと歌の背景がわからない。曲の説明がパンフレットに書かれているとよかったのだが。

 ソプラノとメゾソプラノの二重唱である「ホフマン物語」の舟歌は、生で聴くのは初めてだったが、何ともいえない響きである。オケの音も調和している。

 関西紅白オペラ歌合戦
 2018.12.29(土)15時開演
 指揮 柴田真郁 石崎真弥奈 大阪交響楽団
 司会 羽川英樹
 
ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」序曲
森 寿美 ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」俺は町の何でも屋
北野加織 ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」今の歌声は
鬼一 薫 山田愛子
     オッフェンバック「ホフマン物語」舟歌
湯浅貴斗 グリンカ「イワン・スーサン」ああ、気付かれた
畑田弘美 プッチーニ「蝶々夫人」ある晴れた日に
清原邦仁 プッチーニ「トスカ」妙なる調和
萩原寛明 ワーグナー「タンホイザー」夕星の歌
荒田祐子 ビゼー「カルメン」ハバネラ
小餅谷哲男・桝貴志
     ヴェルディ「ドン・カルロ」われらの胸に友情を
村松稔之 モーツァルト「フィガロの結婚」恋とはどんなものかしら
石橋栄美 J・シュトラウス「こうもり」公爵様、あなたのようなお方は
谷浩一郎・西尾岳史 
     ビゼー「真珠採り」聖なる神殿の奥深く
梨谷桃子 ヴェルディ「運命に力」神よ、平和を与えたまえ
二塚直紀 ヴェルディ「リゴレット」女心の歌
木澤佐江子・橘知可子 
     チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」
     開けてください~愛していると。ええ、不安と燃えあがる激情で
斉藤言子 プッチーニ「トスカ」歌に生き、恋に生き
田中勉  レオンカヴッロ「道化師」ごめんください、皆様方
並河寿美 ワーグナー「タンホイザー」歌の殿堂

d0097373_11533701.jpg
 

# by nori-126 | 2018-12-30 00:47 | オペラ・バレエ | Comments(0)

レストラン「カクチーナ インカント」ワインの会

 12月21日(金)、レストラン「カクチーナ インカント」で、年末最後の営業日のワインの会があった。6時から開始となっていたが、仕事を終わって駆け付けたのは8時半前だった。それでも角地先生のカンツォーネなどが、聴けて、集まったワインを少しずつ飲んだ。

 1万人の第九に参加した話をしていた男性に話しかけると、門真の第九に今年から参加しているKDさんということだった。10時を過ぎて、第九を歌うことになり、角地先生や十鳥さんがソロを務められたが、合唱を歌う人はあまり多くなかった。

# by nori-126 | 2018-12-30 00:43 | クラシック音楽 | Comments(0)

吉例顔見世興行 夜の部 南座

 12月26日(水)、南座の顔見世、千秋楽の夜の部を観た。11月にほぼ3年ぶりに再開場なった南座の2か月連続の顔見世興行で、12月は夜の部だけを見た。昼の部では、仁左衛門の「じいさん、ばあさん」があったが、前に2回見たことがある。夜の南座のまねきを見ると、京の師走の風情が帰って来たのだと実感する。

 4時50分という遅い開幕なので、終幕は9時50分になる。席は前の方で手に入る6列5番という花道のすぐ左の席を取ったが、役者がそばでみられるのと、前の人が邪魔にならないのがいい。最後の演目は見ないで帰ったが、電車の中で、KTMRさんが3階から私をみつけたとメールがあった。

第一 義経千本桜 木の実 小金吾討死 すし屋
いがみの権太      仁左衛門      権太女房小せん 秀太郎
若葉の内侍       孝太郎      主馬小金吾    千之助
猪熊大之進       松之助      鮓屋弥左衛門   左團次
弥助実は三位中将維盛  時蔵        お里       扇雀
お米         吉弥        梶原平三景時   梅玉

 同じ3幕を5年前に歌舞伎座新開場杮落し公演でみた。この時は、仁左衛門が肩の手術で休演する直前で、梶原景時が我當で、片岡三兄弟が揃った。今回は、三代揃ってというのが、話題である。松明は本物の火で、涙を隠すのに煙たいというのが、よりしっくりと来たが、今回は、電球だった。

 よくできたストーリーで、筋を知っていると伏線が張られているのがわかる。酒桶を取り違えるのも単純なようで、流れに欠かせない伏線になっている。仁左衛門の演技が素晴らしくて、すごんで見せたり、にやにやしてみせたりと笑わせる。お米は竹三郎さんが休演で、吉弥になったが、年寄りの女方も似あうようになった。

第二 面かぶり
童子 鴈治郎
 おかっぱの童子が、おもちゃで踊るという舞踊だが、鴈治郎の体型がこどもに似合う。めったに上演されないが、ふさわしい役者は限られるだろう。

第三 弁天娘女男白浪 浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで
弁天小僧   愛之助   南郷力丸   右團次
鳶頭清次   亀鶴    宗之助    福之助
浜松屋幸兵衛 市蔵    日本駄右衛門 芝翫
忠信利平   鴈治郎   赤星十三郎  孝太郎

 菊五郎と菊之助の弁天小僧で見たことがあるが、愛之助がどう演じるか興味があった。女方は悪くはない。女方から男になるというところで、キャラを変えなくてはならず難しい。艶やかさとすごみをどう演じ分けるかであろう。南郷力丸との花道での掛け合いは、まだ余裕がないようで、硬さが目立つ。菊五郎と左團次の域に達するには、まだまだ時間がかかりそうである。

 目の前の花道の高いところに、5人男が勢ぞろいして、こちらを向いた時は、ぞくっと来た。

第四 三社祭

 
d0097373_11574760.jpg
d0097373_11575139.jpg


# by nori-126 | 2018-12-27 07:37 | 歌舞伎 | Comments(0)

東大阪の第九 本番 大東市 サーティホール

 12月23日(日)、東大阪の第九の本番があった。5年連続の参加になる。東大阪のホールが建て替え中なので、昨年に続いて、大東市のサーティホールで公演があった。

 11時過ぎにホールに着いて、前半の団員の練習が済んでから、オケが舞台にあがり、合唱団が舞台に上がった。ソリストが登場して、合唱部分だけの練習をした。昨年までソプラノを歌われた栢本淑子さんに代わって、弟子の野口麻衣さんが初めて第九のソロデビューをされた。

 2年ぶりに参加されたOKI、MYKS、MRTNさんと、近くの食堂で昼食をとり、駅の中のスターバックスでコーヒーを飲んだ。ホールの控室で休憩した後、3時頃に集合して、舞台と同じように並び、下手から舞台袖に入って待機した。第3楽章が終わってから舞台に並んだ。

ベートーヴェン第九シンフォニーの調べ
東大阪第九シンフォニー合唱団
第20回記念定期演奏会
2018.12.23(日)2:00pm開演
大東市立総合文化ホール サーティホール
指揮 木村俊明 ピアノ 森本恵子
管弦楽 近畿フィルハーモニー管弦楽団
ソプラノ 野口麻衣  メゾソプラノ 橘知加子
テノール 小餅谷哲男 バリトン 松岡剛宏
東大阪第九シンフォニー合唱団

 第九の後に、「大地讃頌」を歌ったが、時間の関係で、慌ただしく終わらなければならなかったのが、心残りであった。打ち上げが文化ホール内の会場で行われた。近畿フィルでビオラを弾く小学校の同級生YMSKさんに挨拶をした。春に小学校の同窓会が企画されているとか。

 住道駅の北にある「白木屋」に20人くらいが集まって二次会をした。終わって、駅まで木村先生と話をしながら帰った。
  

# by nori-126 | 2018-12-24 00:52 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

東大阪の第九 オケ合わせ

 12月22日(土)、東大阪の第九のオケ合わせがあった。門真の第九の練習、飲み会からかけつけた。八戸ノ里のユトリートで、近畿フィルとのオケ合わせで、本番のように並んで、合唱のところだけを演奏した。ソリストはいないので、バリトンソロをINUEさん、テノールソロをOTZIさんが歌われた。

 最初のFreude はバスだけでなく、テノールも歌うことになった。ダブルフーガの後のバスはあまり小さい音にしないこと、テノールも同じくらいの音で続くという注意があった。アンコールの「大地讃頌」を歌った。

 会議室で注意事項の説明と、来年の予定が発表された。来年の12月22日(日)に、秋にオープンする東大阪の文化創造館で、第九コンサートをすることになった。しかし、一般参加を広く募集して、初心者などに参加の機会を増やすことになったとのである。一般参加が多くなれば、今回の一般参加やエキストラは、参加できない可能性があるということである。

 なんばで、INUE、YMMT、OTZIさんと飲んで、話をした。


# by nori-126 | 2018-12-24 00:47 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

門真の第九 第3回

 12月22日(土)、門真の第九の練習に行った。遅刻しないで着いたので、小玉先生の発声練習を初めから聞くことができた。いつもの決まったパターンの声を出す練習だが、すべてできているわけではないので、丁寧に動作をたどってみる。
 
 かっては、第九だけを歌っていて、発声については何も知らなかった。3年前の冬に、小玉先生の音楽学校が大阪でも開催されることになり、水曜日だったので、ヴォイストレーニングクラスを受講することにした。発声の仕方を体の姿勢から教えてもらって、鼻のところで響くということが実感できた。それまでに他の先生から聞いていた、遠くへ飛ばす、頭の上から声をだすというのは、こういうことだったのかと思った。

 いつもその音がでるわけではなかったが、1年前に、2日間で4回の練習が重なった時に、かなりコンスタントに響く音がでるようになった。さらに、最近になって、響く音が、口の周りの広い範囲で実感できるようになった。自分で聴いているだけなので、正しい発声なのかどうかに確信はないのだが。

 レッスンはいつものように最初から、おさらいしていく形で、なかなか先に進まないのだが、ハーモニーを確かめることもされた。ソプラノとアルトが向かい合って歌った時に、私を名指しで「どうでしたか?」と聞かれて慌てた。「よくわかりません」といったが、わずかにハーモニーがずれていたように感じた。

 今年最後の練習ということで、10人くらいで居酒屋に行った。ASI、YMGC、MEHR、TMGWさんはよく知っている。YSD、NZKさんも今までにあったことがある。STさんは初めて話をした。NZKさんとSTさんはFBの友達申請をいただいて承認した。東大阪の第九のリハに向かうべく、1時間たらずで、MEHRさんと電車に乗った。

 

# by nori-126 | 2018-12-24 00:35 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団 

 12月19日(水)、パリ管弦楽団を聴きに行った。ベルクのヴァイオリン協奏曲は聴いたことがないし、マーラーの1番もそれほどなじみのある曲ではないが、海外の一流のオケを聞きたいということで、チケットを取った。クラシック音楽を聴き始めた50年くらい前には、シャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団というのは、世界でも一流のオケだった。

 チケットを家に忘れたことに、直前に気づいて、職場から取りに帰り、タクシーに乗って間に合った。席は、プレミアムを取ったので、K列13番と中通路から2列目のVIP席で、近くに指揮者の大友直人さんがおられた。帰りに同業のOKDさんを見かけて挨拶をした。

 隣の席の男性が、ハーディングが札幌の公演で骨折したと話しかけてこられた。大フィルとセンチュリーの定期会員になっていて、バイオリンのファウストが好きで、京都公演も聴きにいったとのことである。

ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団
2018.12.19(水)7pm 開演
ザ・シンフォニーホール

アルバン・ベルク:ヴァイオリン協奏曲 独奏 イザベル・ファウスト
 アンコール クルターグ ヴァイオリンのためのサイン、ゲーム、メッセージ
G.マーラー:交響曲第1番「巨人」
 アンコール エルガー エニグマ変奏曲から「ニムロッド」

 ハーディングが、車イスで登場して、指揮台に置いた高い椅子に座った。ベルクのヴァイオリン協奏曲は、1935年の作品で、難解である。高度な技巧が使われているのは、推測ができるが、現代曲は苦手である。ブログで今回のコンサートのことをみると、ファウストは超一流のバイオリニストらしい。知っている曲で聴いてみたかった。

 「巨人」は、CDで聴いたことがあり、コンサートでも聴いたことがあるが、100人を超えるオケで聴くと、迫力がある。管楽器の音が安定していて心地よい。アンコールの「ニムロッド」は前にも、アンコールで聴いたことがある。

d0097373_02424990.jpg
 


# by nori-126 | 2018-12-21 23:30 | クラシック音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第123回

 12月17日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前からの課題であるニ長調のスラーの組み合わせを弾いてみた。ホフマンの舟歌は、かなり弾けるようになった。音の強弱まで表現するのは難しいが。一応、OKがでたようだが。

 28ページの付点八分音符のスラーの範囲の違いの練習とその応用である、「きよしこの夜」が新たに課題になった。副教本の「ジングルベル」と「讃美歌」を弾いてみた。これもかなり弾ける。次は、季節に合わせて、「富士」「お正月」を練習することにする。

# by nori-126 | 2018-12-18 13:08 | バイオリンレッスン | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第19回

 12月16日(日)、夕方から、ラブリーホール合唱団の練習に行った。都合で40分遅刻した。合唱団としては35回目の練習なので、19回参加は、出席率54%となる。ホワイエで、中村先生の指導で、Cum sanctus をおさらいした。参加者はいつもより多くて、テノールやバスは15人づつくらいいた。

 合唱で歌ってみて、あやしいところをパート別に歌っていった。ソプラノ2やアルトは音の低い人がいて、列ごとに歌わされることもあった。メリスマのところが難しい。まだ、自信のない曲である。

 最後にOsannaを歌ったが、うまくついていけなかった。テノールもパートが二つに分かれるので、他の人の声をあてにしにくい。

 電車で、KWTさんと話をしていたら、人身事故で、北野田で運転を休止しますという。普通も動きそうもないので、駅をでたが、タクシーも来そうにない。大阪まで帰るKWTさんと一緒に、中百舌鳥駅行の最終バスに乗って帰った。

# by nori-126 | 2018-12-18 13:01 | 合唱 | Comments(0)