感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-07-11 17:30
バイオリンレッスン 第131回
at 2019-07-11 17:26
ラブリホール合唱団 小荘厳ミ..
at 2019-07-08 01:33
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-07-07 01:35
LA FENICE 2019..
at 2019-07-07 01:22
LA FENICE 2019..
at 2019-07-07 01:17
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-07-04 17:37
東大阪第九 第4回
at 2019-06-30 22:00
ラブリホール合唱団 小荘厳ミ..
at 2019-06-30 07:45
池原衣美 & 千田和美 ジョ..
at 2019-06-30 07:36
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(222)
(206)
(177)
(163)
(141)
(137)
(130)
(104)
(95)
(86)
(80)
(72)
(69)
(60)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:オペラ・バレエ ( 28 ) タグの人気記事

英国ロイヤルバレエ団 「ドン・キホーテ」東京文化会館

 6月23日(日)、東京でバレエを見た。初めてバレエを見たのは、3年前の英国ロイヤルバレエシネマの「くるみ割り人形」だった。よく聞き知った音楽と、おとぎ話のストーリーに、たちまちバレエの虜になった。

 中でも、金平糖の精を踊ったローレル・カスバートソンの優雅な踊りに魅入られた。生の舞台を見られたらと思っていたら、英国ロイヤルバレエ団が3年ぶりに来日することになった。6回公演の内、カスバートソンが、1回だけ、それも日曜日に踊るというので、チケットを取った。バレエを見る目的で上京するのは初めてである。

 演目が「ドン・キホーテ」というのはうれしい。昨年8月に、フェスティバルホールの世界バレエ・フェスティバルの舞台をみたことがあるが、アクロバティックな踊りがあり、何よりも悲劇でないのがいい。

 東京文化会館のR11列6番という少し見にくい席だったが、始まる前からドキドキしていた。

英国ロイヤル・バレエ団 2019年日本公演
「ドン・キホーテ」全3幕
2019・6・23(日)13時開演
東京文化会館

改訂振付:カルロス・アコスタ
音楽:ルトヴィク・ミンクス
指揮:マーティン・イエーツ 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
キャスト
 ドン・キホーテ:ギャリー・エイヴィス
 サンチョ・パンサ:フィリップ・モズリー
 ロレンツォ(宿屋の主人):クリストファー・サンダース
 キトリ/ドゥルシネア姫:ローレン・カスバートソン
 バジル:マシュー・ボール
 ガマーシュ:トーマス・ホワイトヘッド
 エスパーダ:リース・クラーク
 メルセデス:クレア・カルヴァート
 ドリアードの女王:崔 由姫
 ドゥルシネア姫(第1幕):オリヴィア・カウリー

 第一幕は、ドン・キホーテの部屋が中央に小さく作られている。白いドレスとベールのドゥルシネア姫が登場して優雅に踊る。ドン・キホーテが助けに行こうと、サーベルと、槍代わりのベッドの支柱を持って出発する。

 舞台があっというまに代わって、スペインの街の広場で、町の娘キトリが、バジルと結婚するというのを、父親のロレンツィオは反対して、金持ちの貴族と結婚させようとする。町娘の服装のカスバートソンが、軽快な踊りを見せる。

 第2幕では、街を逃げ出した二人が、ジプシーの野営地に迷い込む。背景は真っ赤な夕焼けである。ジプシーたちが踊る。ドン・キホーテが、風車を魔物と間違えて突進する。第2場は、ドン・キホーテの夢の場面になる。大きな花の花園で、ドゥルシネア姫に会う。群舞が見事である。

 第3幕では、街の広場で、バジルの狂言自殺のがあり、父親の許しを得る。二人の結婚式が行われる。

 カスバ―トソンは、町娘と、幻想の中の姫と、結婚式の白いドレスと、異なったキャラをみせてくれた。町娘のコケティッシュな感じ、気品のある姫とどちらもよく似合う。双眼鏡の中で、彼女だけをアップでみたが、目の前で実際に踊るのを見られることが、夢のようだった。かすかにほほ笑む表情に、気品と余裕が感じられる。

 ドン・キホーテのエイヴィスは、くるみ割り人形のドッセルマイヤーが当たり役だが、滑稽な役もぴったりである。

 男性のグループでの踊りがあり、多人数での群舞など、バレエの楽しみが、すべてつまっているような演目である。2013年に初演されたというアコスタの演出は、ポリシーがはっきりしていて流れがいい。第2幕でよくある人形劇は省略されていた。古典的なバレエと違って、登場人物がよく動き、いきいきとしている。台詞をいう場面があって、驚いた。

 終了後に、楽屋口には100人近い人が出待ちをしていた。若手のダンサーが何人かサインなどをしていた。プリンシパルの平野亮一さんがでてきたが、今日は出番はなくても控えでおられたのだろうか?主役のカスバ―トソンとボールが、パーティがあるのでと、顔だけ見せてくれた。
d0097373_13293114.jpg
         ローレン・カスバートソン ↓
d0097373_05583547.jpg
         ローレン・カスバートソンとマシュー・ボール↓
d0097373_12105928.jpg
 

by nori-126 | 2019-06-24 01:54 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ボリショイ・バレエinシネマ「ラ・バヤデール」

 3月27日(水)、ボリショイ・バレエをシネマで見た。前から知っていたが、毎月最終水曜日の夜1回だけの上映なので、都合がつきにくく、今回初めて見た。大阪ステーションシネマは、ほぼ満員という入りだった。英国ロイヤルバレエは、7日間上映するとはいえ、いつもぱらぱらという入りなのに。

 「ラ・バヤデール」は、1月に英国ロイヤルバレエで初めてみた。もともと4幕で作られたものだが、この時は、ナタリア・マカロワ版で、第1幕と第2幕を合わせて第1幕として、ニキヤの死まで、第2幕が影の王国、第3幕で神の怒りにふれて全員が死ぬという構成だった。ボリショイ・バレエは、ユーリー・グリコローヴィチ版で、第1幕、第2幕をそのままに、第3幕の影の王国で終わる。舞台がインドということになっていて、衣装や舞台装置に異国情緒がある。

ボリショイ・バレエ in シネマ 2018-19「ラ・バイヤデール」
モスクワ公演日 2019・1・20
音楽:レオン・ミンクス
振付:ユーリー・グリコローヴィチ
指揮:パヴェル・ソロキン
司会:カテリーナ・ノヴィコフ
キャスト
 ニキヤ/オルガ・スミルノワ
 ソロル/アルテミー・ベリャコフ
 ガムザッティ/オルガ・マルチェンコヴァ
 ラジャ/アレクセイ・ロパレーヴィチ
 イドル・ドレ/ダヴィッド・モッタ・ソアレス

 司会が、ロシヤ語、フランス語、英語を駆使して早口で話す、英語の時に字幕が出る。作曲のレオン・ミンクスの紹介をした。劇場の指揮者、バイオリニストで、1870年頃にプティパと協力して、「ドン・キホーテ」や本作を作曲した。

 舞台装置がバレエというよりオペラを思わせる豪華さである。第1幕は中央の巨木に抱かれるように神殿のある舞台で始まり、途中で宮廷の部屋に変わる。第2幕は、宮殿の前の庭で、第3幕は、崖に囲まれた広場である。

 見どころは、ソロルとガムザッティの婚約祝いの席で、絶望に打ちひしがれてのニキヤの踊り。バイオリンの独奏が悲しい。第3幕の影の王国では、傾斜のある舞台を同じ動きで、32人のダンサーがゆっくりと降りてくる。英国ロイヤルバレエでも見た振付だが、白い衣装が映える少し青みがかかったライティングが素晴らしい。何か涙がでそうなくらいの感動だった。

 第2幕では様々な踊りが披露される。太鼓のリズムに合わせて一人の女性と11人の男性が踊るが、バレエというよりダンスのような動きだった。女性が頭に壺を乗せて、手で支えながら時に手を離す。最後のツボを手に取って、固定されていないことを示した。腕に鷲を乗せて大勢で踊る振り付けもあった。

 ヒロインのオルガ・スミルノワは、1昨年夏の「ルグリ・ガラ」で来日して、チュージンと踊ったのを見たことがある。ソロルが腹部を支えるリフトで、海老反りになった姿が手足の長さを生かして大きく見えた。マルチェンコヴァは、ソロルとグラン・パ・パ・ドゥがあり、主役級の踊りを見せるが、素晴らしかった。


by nori-126 | 2019-03-28 00:27 | オペラ・バレエ | Comments(0)

東京バレエ団 海賊 兵庫芸術文化センター大ホール

 3月23日(土)、東京バレエ団の公演に行った。席を取るのが遅くなり、K-36番という通路すぐ後ろの一番右端の席だったが、見やすかった。

東京バレエ団 初演「 海賊」プロローグ付 全3幕
2019・3・23(土) 午後3時開演
兵庫県立芸術文化センター 大ホール

振付:アンナ=マリー・ホームズ
音楽:アドルフ・アダン 他
指揮 ケン・シェ
関西フィルハーモニー管弦楽団
配役 メドーラ:上野水香
   コンラッド:柄本 弾
   アリ:宮川新大
   ギュルナーラ:川島麻美子
   ランケデム:池本祥真

 幕が開く前に、海賊船が海を渡る姿が映し出された。これが最後にもでてきて、難破する形になる。
 
 舞台は、バレエらしいあまり立体感のない装置で、しかもスケールが大きい。装置協力がミラノ・スカラ座と書いてあるので、そのまま持ってきたものなのだろうか?

 名前を知っている上野水香さんは、スタイルの良い踊りだった。このバレエは珍しく男性が活躍するが、残念ながら、男性の踊りは少しもの足りないものがあった。シネマなどで海外の男性の力強い踊りをみていると、つい比べてしまう。

 オケがケン・シェ指揮の関西フィルハーモニー管弦楽団で、バレエの演奏になれているのかどうかわからないが、一流のオケで生の演奏を聞けたことは、貴重な経験だった。

d0097373_13312866.jpg





by nori-126 | 2019-03-24 16:16 | オペラ・バレエ | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ バレエ「くるみ割り人形」

 2月3日(日)、英国ロイヤルオペラシネマを、大阪ステーションシネマで見た。午後8時30分開始だが、METと違って、ロイヤルオペラは、時間が決まっていなくて困る。

 「くるみ割り人形」は、2年前に英国ロイヤルオペラシネマで、初めてバレエをみて、すっかり魅力に取りつかれた。その時に、金平糖の精を踊ったローレン・カスバートソンを見たいと思っていたら、6月に来日して、「ドン・キホーテ」に出演するのというので、チケットを取った。

 何よりもチャイコフスキーの音楽が素晴らしい。第一幕のクリスマスのパーティのところは、やや散漫な感じがするが、最後に雪の精の踊りを24人で雪が舞う中で踊るのが素晴らしい。先日見た「ラ・パヤデール」の影の王国の群舞を思い起こした。

 金平糖の踊りでは、ムンタギロフとヌニェスの前半の優雅な踊り、後半のリフトなどの華麗な踊りに圧倒される。ムンタギロフの踊りが安定している。王子の白い衣装がぴったりの気品がある。二人は、1年半前に「ルグリ・ガラ」で来日した時に見たことがある。

 クララとハンス・ピーターは若手が抜擢されるので、将来のスターを見る楽しみがある。ドロッセルマイヤーだけは、エイヴィスと決まっているようである。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ
バレエ「くるみ割り人形」
振付 ピーター・ライト
音楽 P・チャイコフスキー
指揮 バリー・ワーズワース
出演 ドッセルマイヤー:ギャリー・エイヴィス
   クララ:アナ・ローズ・オサリヴァン
   ハンス・ピーター:マルセリーノ・サンベ
   金平糖の精:マリアネラ・ヌニェス 
   王子:ワディム・ムンタギロフ
   バラの精:金子扶生
 

by nori-126 | 2019-02-04 00:22 | オペラ・バレエ | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ バレエ「ラ・バヤデール」

 1月23日(水)、英国ロイヤルオペラシネマを、大阪ステーションシネマに見に行った。「ラ・バヤデール」を見るのは初めてだが、アジアを舞台にしていて、衣装がエキゾチックである。

 第2幕のソロルが麻薬に溺れて、幻想でみる影の王国での24人の群舞が素晴らしい。アラベスクを繰り返しながら、傾斜のある舞台を一人ずつ降りてくる。簡単そうに見えて、かなりの体力を必要とするということで、幕間でも話題にしていた。ここで、崔由姫、高田茜の日本人の活躍があり、他にも日本人の出演がある。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ 2018/19
ロイヤルバレエ「ラ・バヤデール
振付 マリウス・プティパ
音楽 レオン・ミンクス
指揮 ボリス・グルージン
出演 ニキヤ:マリアネラ・ヌニェス
   ソロル:ワディム・ムンタギロフ
   ガムザッティ:ナタリア・オシポワ
   ハイ・ブラーミン:ギャリー・エイヴィス
   ラジャ:トーマス・ホワイトヘッド
   マグダヴェーヤ:アクリ瑠嘉
上映時間 3時間18分

 





by nori-126 | 2019-01-23 23:53 | オペラ・バレエ | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ バレエ「うたかたの恋」

 12月12日(水)、英国ロイヤルオペラシネマのバレエ「うたかたの恋」を見た。2018/19シーズンの幕開けである。「うたかたの恋」は、1978年に初演された新しいバレエで、ケネス・マクミランの振り付けで、リストのピアノ曲などを使っている。

英国ロイヤルオペラシネマ バレエ「うたかたの恋」
振付 ケネス・マクミラン
音楽 フランツ・リスト 
指揮 クン・ケセルス
出演 ルドルフ:スティーヴン・マックレー
   男爵令嬢マリー:サラ・ラム
   ステファニー王女:ミーガン・グレース・ヒンキス
   皇帝:ギャリー・エイヴィス
   エリザベート皇后:クリステン・マクナリー
   伯爵夫人マリー:ラウラ・モレーラ
   ミッツイ・カスパー:マヤラ・マグリ

 マクミランの振り付けでは、「マノン」を昨シーズンに見たが、極限まで、ダンサーの能力を試すような動きに、驚かされた。今作は、倒錯した愛を扱っているので、マノンよりも、主役二人のからみが、アクロバティックであり、エロティックでもある。古典的なバレエとは全く異なる、モダンダンスといってもよさそうである。

 主役のマックレーは、ケガから復帰したばかりで、幕間の映像にリハビリの様子が映された。多くの女性との踊りがあり、最後まで力を見せる体力には感心する。サラ・ラムは、マノンでもタイトルロールを演じたが、細い体で、激しい動きをみせる。

 1889年に、オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフが、17歳の愛人と心中したマイヤーリンク事件を基にしている。母親に愛されたいと願う皇太子が、意にそぐわぬ結婚をして、多くの女性と関り、破滅への道を歩むというオペラのようなストーリーが展開される。ダンサーには、高度な技巧だけでなく、演技力が求められる。


by nori-126 | 2018-12-13 01:36 | オペラ・バレエ | Comments(0)

シュツットガルト・バレエ団「白鳥の湖」兵庫芸術文化センター

 11月17日(土)、バレエ「白鳥の湖」を見た。バレエをシネマや舞台で見るようになって2年経つが、定番中の定番である「白鳥の湖」を見ることができた。席は、M列12番と、通路から3列目で見やすい場所だった。お客さんは女性が多いが、バレエを習っているであろう子ども連れもあった。

シュツットガルト・バレエ団 2018年日本公演
「白鳥の湖」全4幕
振付:ジョン・クランコ 装置・衣装:ユルゲン・ローゼ
指揮:ヴォルフガング・ハインツ
演奏:東京ニューシティ管弦楽団

ジークフリート王子:フリーデマン・フォーゲル
オデット/オディール:マリシア・アマトリアン
ロットバルト:ロマン・ノヴィツキー

 舞台装置は第3幕での王座の間が、豪華だった。大きな宮殿に2段に出演者が並んだ。第1幕は、樹木が一杯の野外の情景で、第2、4幕は白鳥の舞う湖畔の風景である。

 第1幕では、町娘たちの踊りがあり、第3幕では、王子の花嫁候補のスペイン、ハンガリー、ロシア、ナポリの姫君たちの踊りがある。そして何よりも白鳥たちの踊りが見事である。20人くらいの集団での踊りがきれいに揃っていた。

 白鳥の湖の踊りは、鳥の姿なのか人間の姿なのかよくわからないが、動きは鳥のイメージである。特に手の動きは、鳥の羽根を表しているので、しなやかで、優雅な動きが求められる。

 主役の二人は、バレエ団のトップクラスのプリンシパルということだが、少し物足りないものがあった。男性のリフトや女性のフェッテには、素晴らしいものがあったが、女性が後ろに倒れそうになるのを、男性が片手で支えようとする動作は、明らかに失敗で二人が倒れこんでしまった。

 物語の最後は、いろいろなヴァージョンがあるようだが、王子が魔術師に負けて、オデットは連れ去られて、黒い大きな布の上で王子が息絶えるというものだった。雷鳴がとどろき、湖畔の廃墟が崩壊するという演出に驚かされた。

 ひたすら悲しい物語に、チャイコフスキーの美しい音楽が響くというバレエの名作を堪能した。同時に、本場のオケと超一流のダンサーで見てみたいという楽しみも残った。

d0097373_12391450.jpg


by nori-126 | 2018-11-18 01:11 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ローマ歌劇場「マノン・レスコー」神奈川県民ホール

 9月16日(日)、ローマ歌劇場のオペラ公演に行った。今回の来日公演の2演目「椿姫」と「マノン・レスコー」のどちらを見に行こうかと迷ったのは、「椿姫」が話題の演出と衣装デザイン、「マノン・レスコー」が、METライブビューイングで活躍のクリスティーヌ・オポライスが出演するからである。日曜日と祝日の連休を利用して、両方を見ることにした。

 新幹線新横浜駅から、みなとみらい線の日本大通り駅に下りた。横浜は、学会で2回来たことがあるが、国際会議場と中華街しか知らない。会場に行く途中に、レストラン「かをり」というのを見つけて入ったら、喫茶店で、軽食のカレーをたべて、シャーベットも食べた。会場にこの「かをり」が、洋菓子の販売のコーナーを持っていて、伝統あるお店である。

 この辺りは旧居留地で、雰囲気は神戸の旧居留地に似ている。神奈川県民ホールの隣が山下公園で、多くの人がいた。氷川丸という船が係留されているところまで歩いた。近くに中華街や野球場があって、にぎやかな地域である。

ローマ歌劇場 プッチーニ「マノン・レスコー」全4幕
2018・9・16(日)午後3時開演
神奈川県民ホール 大ホール

演出:キアラ・ムーティ
ドナート・レンツェッティ指揮 ローマ歌劇場管弦楽団
ローマ歌劇場合唱団

マノン・レスコー:クリスティーヌ・オポライス
レスコー:アレッサンドロ・ルオンゴ
デ・グリュー:グレゴリー・クンデ
ジェロンテ・デ・ラヴォワール:マウリツィオ・ムラ―ロ
エドモンド:アレッサンドロ・リベラトーレ
 
 マノン・レスコーは、新国立劇場で見たことがある。また、METライブビューイングでは、クリスティーヌ・オポライスのマノンで上演された。席は12列8番で、余り良い席が取れなかった。先行予約で取ったのに、間違えて、S席でなくA席を選択したのに気が付かなかった。
 
 演出が指揮者のリカルド・ムーティの娘というのが話題である。カーテンコールに登場した。舞台美術はそれほど豪華でもないが、ジェロンテの屋敷は、大きなガラスの窓に囲まれた部屋である。もちろんガラスでないが。
 
 オポライスが登場すると舞台が華やかになる。METに比べて、キャラの変化が少ないように思われた。マノンというヒロインは、解釈がいろいろとあるようで、演出によって、違いがあるのは当然ではあるが。有名な第3幕への前奏曲では、演奏が終わった所で、拍手があり、指揮者が観客に挨拶をした。

 出待ちをしようと楽屋口に行くと、2-30人くらいが待っていた。デグリュー役のクンデ、演出のムーティに続いて、オポライスがでてきて、サインや写真に応じた。誰かがあなたは女優だというと、「l like to act」と答えた。

d0097373_00290133.jpg
氷川丸 ↓
d0097373_00292313.jpg

神奈川県民ホール ↓
d0097373_00291571.jpg

 


 

by nori-126 | 2018-09-18 01:31 | オペラ・バレエ | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ バレエ「白鳥の湖」

 8月29日(水)、兵庫県立美術館のプラド美術館展を見た後、タクシーで阪急王子公園前駅に行き、西宮北口に行った。西宮TOHOシネマで、バレエを見た。英国ロイヤルオペラシネマ17-18の最終作品である。30年以上続けられた前の演出が変更になった。2012年の録画を持っているが、振り付けが変更になっているところがある。白鳥たちの踊りが、長いドレスでなく短いチュチュになっている。

 画家であるジョン・マクラーレンが、舞台美術と衣装を担当したということで、幕間のインタビューに答えていた。第3幕の宮殿の黄金の壁が豪華で重厚なのに驚いた。

 主役のマリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフは、シネマの「眠りの森の美女」で見たことがあり、昨年8月の大阪フェスティバルホールでの「ルグリ・ガラ」で来日したのを観ている。アレクサンダー・キャンベルやフランチェスカ・ヘイワードなど、前にシネマで見たことのある人たちも出演していた。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18
ロイヤル・バレエ「白鳥の湖」

演出 リアム・スカーレット
美術・衣装 ジョン・マクラーレン
指揮 クン・ケセルス
マリアネラ・ヌニェス(オディット・オディール) 
ワディム・ムンタギロフ(ジークフリート王子)
ベネット・ガートサイド(ロットバルト:悪魔)
エリザベス・マクゴリアン(女王)
アレクサンダー・キャンベル(ベンノ)
高田茜 フランチェスカ・ヘイワード

 序曲の間に、オディットが悪魔に、白鳥に変えられるシーンが挿入されている。第一幕は、湖での白鳥の舞で、30人あまりの白い衣装での群舞が見事である。幕間のインタビューで、じっと立っている時間が長いので、足の感覚がなくなってしまうという。デュエットでの踊りや有名な4人での踊りがある。

 王子とオディットのパ・ド・ドゥーが見ごたえがある。オディットと黒いオディールは同じ人が踊ることになっているが、性格が異なる人物を踊り分けるのが難しい。バレエでは、それを踊りだけで表現しなくてはならない。かっては、ハッピイエンドという演出もあったらしいが、悲しい結末である。

by nori-126 | 2018-08-30 11:59 | オペラ・バレエ | Comments(0)

バレエ「ドン・キホーテ」フェスティバルホール

 8月18日(土)、バレエを見に行った。バレエの舞台を見るのは4回目だが、初めて生のオーケストラで見た。お客さんは満席に近く、バレエでは若い女性が多く、子どももいるということが特徴である。わずかに年配の男性もおられるが。席は、14列11番と、通路すぐ前のやや左よりとみやすい席だった。

 1976年から、3年おきに開催されている世界バレエフェスティバルは、今年は、東京でガラコンサートと「ドン・キホーテ」の2公演を行い、大阪では、この公演だけが行われる。東京のガラコンサートには、ロイヤルオペラのサラ・ラム、(ロイヤルオペラシネマのマノンの主役)やマテュー・ガニオといった名前を知っているスターたちが出演していた。大阪での公演は12年ぶりということである。

第15回世界バレエフェスティバル 大阪公演
全幕特別プロ「ドン・キホーテ」全2幕
2018.8.18(土)14時開演
フェスティバルホール

マリーヤ・アレクサンドリア ウラディスラフ・ラントラートフ
東京バレエ団
ワレリー・オブジャニコフ指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
音楽 レオン・ミンクス

 「ドン・キホーテ」は、有名な小説の一部を、バレエにしたもので、初めてみるが、パントマイムのようにストーリーが語られる。バジルとキトリが、結婚を反対されて逃走するのを、ドン・キホーテが、ドゥル̪シネア姫と思い込んで、助けようと画策する。大きな風車に飛び込んで、羽根に飛ばされる場面では、人形が上から落ちてきた。

 曲は、スペインらしい曲で、フラメンコを踊る場面もある。闘牛士が10人くらいでてきて、娘たちと踊るシーンは、華やかである。民族衣装や、伝統的なチュチュでのバレエなど衣装のバリエーションが楽しい。サンチョ・パンサが、トランポリンのように、宙に舞ったり、死んだふりをするバジルとそれを嘆くキトリの動きも笑いを誘う。

 美しい舞台、生のオーケストラ、楽しい踊り、主役二人の魅力ある踊りと、バレエの良さが堪能できた舞台だった。主役の二人の踊りはさすがで、片手でのリフト、女性が男性に飛び込んで支えてもらうという動きに驚かされた。舞台を見て、どきどきする感動を久しぶりに味わえた。
       
d0097373_17503344.jpg


by nori-126 | 2018-08-19 23:48 | オペラ・バレエ | Comments(0)