感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
1万人の第九 森ノ宮9 第2回
at 2018-09-02 21:15
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-09-02 00:41
英国ロイヤルオペラシネマ バ..
at 2018-08-30 11:59
プラド美術館展ーベラスケスと..
at 2018-08-30 11:40
バイオリンレッスン 第115回
at 2018-08-30 11:34
いわさきちひろ展 東京ステー..
at 2018-08-27 18:32
プーシキン美術館展 国立国際..
at 2018-08-27 17:34
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(176)
(170)
(160)
(138)
(136)
(130)
(115)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(20)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:バイオリンレッスン ( 115 ) タグの人気記事

バイオリンレッスン 第115回

 8月27日(月)、バイオリンレッスンに行った。3週間ぶりで、お盆休みもあったので、練習時間は十分あったが、逆に時間があると思うと、練習しないものである。

 前回から課題となった、クレッシェンドとデクレッシェンドは、弓の使い方が難しい。弓を当てる弦の場所、弓のスピード、毛の当て方を変えてスムースに音を変化させなくてはならない。頭で考えるのではなく、手が覚えるまで練習する必要がある。弓先の方が音が弱くなるので、ダウンでデクレッシェンドにするよりもダウンでクレシェンドにする方が難しい。

 オーゼの死は、指の使い方が難しい。音がかなりわかってきたが、これに強弱やクレシェンドやデクレシェンドが加わる。

by nori-126 | 2018-08-30 11:34 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第114回

 8月6日(月)、バイオリンのレッスンに行った。先週は、頭と首の筋の痛みがあって、練習があまりできなかった。前回、新たに課題になったロ短調の音階を弾いてみた。音階が上がる時に、臨時に♯の付く音が二つある。

 追加の課題として、クレシェンドとデクレッシェンドの弾き方を教えてもらった。クレシェンドの時は、弓を指板の方へずらしていく。そのために、弓を少し手前に引いて、ずれやすくする。デクレッシェンドの時は、逆になる。弓の圧と、弓の毛の当て方と、弓を弾く弦の位置で総合的に、音を変えなくてはならないが、強く弾こうとすると、どうしても音がキーキーとなる。弓先で強く弾くのと、弓元で強く弾くのと両方弾けなくてはならない。

 左手指をずらして、半音上げたり下げたりするのを練習した。その応用曲の「オーゼの死」を少し弾いてみた。クレシェンド、デクレッシェンドやpp、mfなどがあり、指の動きも複雑である。

by nori-126 | 2018-08-06 23:55 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン  第113回

 7月23日(月)、バイオリンのレッスンに行った。バッハのガボットが課題となって、3回目のレッスンで、自分ではほぼ暗譜で弾けるようになったと思っていたが、いざ弾くとなると、中間部の指の動きが悪く、指の動きに気を取られて、弓が動かない。

 中間部を何度か繰り返し弾いてみて、最後に一通り何とか、通して弾いて、おまけの〇がついた。次の課題は、ヘ短調で、臨時に♯が付くので、ややこしい。まず、音階と、スラーの付いた基礎練習をするように言われた。ここの課題は、音楽に必要な表現が始まると書いてあって、クレシェンドとデクレッシェンドの練習があるが、それは、今回はなしということになった。

by nori-126 | 2018-07-25 06:33 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第112回

 7月2日(月)、バイオリンのレッスンに行った。2回前からの課題である、バッハのガボットの中間部が難しくて、指が動かない。次回は、3週間後なので、その時には弾けるようにしますと、宣言して練習に励むことにする。
by nori-126 | 2018-07-04 06:34 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン  第111回

 6月18日(月)、バイオリンのレッスンに行った。この日の朝、7時57分に大阪北部を中心に震度6弱の地震があった。いつもは、7時50分くらいまでに車で家を出るのだが、この日に限って、寝過ごしてこの時間に家にいた。

 我が家もかなり揺れたが、幸いにも被害はなかった。阪神高速が通行止めになったので、一般道を走って、40分くらい遅れて職場に着いた。

 レッスンは、ニ長調の音階と、1拍目に八分休符の入った音階の練習をした。♯ドのところがうまく押さえられずに、練習を続けることになった。

 前々回課題になったバッハのガボットは、途中で、八分休符の入るところがまだ、指の動きを覚えていない。その前後については、かなり弾けるようになったと褒めてもらった。引き続き練習をする。

by nori-126 | 2018-06-18 23:35 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン  第110回

 6月4日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回から課題になった、バッハのガボットを弾いてみた。前半はかなり弾けるという自信があったが、いろいろと注意をされた。

 スタッカートとスラーの組み合わせでは、スタッカートが長くなり過ぎる。第3指で押さえる時に、第1、第2指も押さえておくこと、それをしないから、第3指の押さえる位置が安定しないなどである。

 中間部は、16分休符1つと16分音符3つの組み合わせで、この曲の課題でもあるが、指の押さえ方が難しく、ほとんど弾けていない。

by nori-126 | 2018-06-07 19:03 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン  第109回

 5月21日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前々回、課題になった「ウイッチダンス」の練習を少し、真面目に取り組んだおかげで、2回目でほぼ弾けることになり、先生とのデュエットをすることができた。OKがでて、次に、バッハのガボットが新しい課題になった。

 ガボットは、スラーのついた八分音符があり、一拍目に八分休符のある小節がある。2,3拍目からアウフタクトで始まる時は、弓をダウンでなく、アップから始める。

by nori-126 | 2018-05-27 20:50 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン  第108回

 5月7日(月)、バイオリンのレッスンに行った。三週間ぶりで、連休もあったが、あまり練習できなかった。

 前回から課題となった「ウイッチダンス」の基礎練習として、三連符を弾いた。全弓、半弓、半弓として、軽く強弱をつける。3連符のリズムを取るのは難しいが、今回は、3連符を1,2,3と弾いて、四分音符も1,2,3と数える方法を取る。いつもこのようにできるわけではないとのことである。付点八分音符と十六分音符のスタッカート・スラーは、流れないで、しっかりと弓を止めること(止めすぎてはいけないが)を言われた。

 ウイッチダンスを弾いてみたが、まだ左手指の押さえる場所が覚えられていない。かなり弾けると褒めてはもらったが。♯ドが低くなることを指摘された。次回には、OKがでるように練習しますと言ってしまったので、がんばって練習しなくてはならない。

by nori-126 | 2018-05-10 01:59 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第106回

 4月2日(月)、バイオリンのレッスンに行った。かなり前からの課題である「ノルウェー舞曲」がなんとか弾けるようになったので、先生のビオラとデュエットした。これで〇がついた。随分と時間がかかった。ニ長調の音階は、バリエーションを練習するように言われた。

 前回課題となった、舞曲の基本が何とか弾けて、その応用である「舞曲」を弾いてみた。使う弓の長さなどを教えてもらう。3拍子の一拍目は強いので全弓で、2,3拍目は半弓でという具合である。

 前回、復習するように言われた移弦の練習はうまく弾けなかった。移弦が遅いと言われた。



by nori-126 | 2018-04-02 16:32 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第105回

 3月19日(月)、バイオリンのレッスンに行った。テキストの48ページの左手指の毎日の練習は、前回の課題である1行目第3,4小節目は、何とか弾けた。

 ニ長調の音階は、和音のところがうまく弾けない。さらに練習するように言われた。応用のノルウェー舞曲は、かなり弾けるようになったと言われたが、まだ、完成とはいかない。次回の完成を目指す。二指の押さえる位置が低いと言われる。親指の位置を音程を取って決めないといけないとのことである。

 移弦がうまくいかないので、前に終了した右手弓の練習のところの、6,7番のD弦とA弦の移弦のあるところを復習するように課題がでた。スムースに移弦するというのは、難しい。

by nori-126 | 2018-03-20 11:45 | バイオリンレッスン | Comments(0)