感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 2019..
at 2018-05-22 02:24
第38回 四つの男声合唱の集..
at 2018-05-22 02:13
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-20 01:43
LA FENICE ペアボイ..
at 2018-05-19 02:03
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2018-05-17 02:06
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-13 21:19
LA FENICE 2019..
at 2018-05-13 08:57
MET ライヴビューイング ..
at 2018-05-10 02:12
大和葛城山 ツツジ
at 2018-05-10 02:07
バイオリンレッスン  第108回
at 2018-05-10 01:59
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(166)
(164)
(158)
(136)
(131)
(109)
(108)
(96)
(86)
(83)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(47)
(40)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 109 ) タグの人気記事

LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 第2回

 5月20日(日)、LA FENICEの練習に行った。芸文でのコンサートを中途で抜けて、今津線から阪神「福駅」で下りて、西淀川区民会館に行った。後半からの練習に参加した。隣に座ったSTさんに挨拶をした。テノールのメンバーはほとんど名前を知っているが、名前と顔が一致しない3人の内の一人である。

 杉田先生の指導で、前回からコラールを一通りすることになっていて、今日の前半で、14番「Petrus」、後半は15番と17番の練習だった。ラララで歌っていって、パート別に音取り、和音の構成の確認、パートを重ねていくなどの練習がされた。ドイツ語の発音の確認をして、ドイツ語で歌ってみる。

 予習をしていないところだが、後ろで歌う人の声を頼りに歌ってみる。他のパートを聴くことで、つられそうになるのではなく、自分のパートの音を取りやすくなるような気がする。これが実践できると進歩と言えるのだが。未だ確信はない。



by nori-126 | 2018-05-22 02:24 | 合唱 | Comments(0)

第38回 四つの男声合唱の集い 兵庫芸文大ホール

 5月20日(日)、男声合唱のコンサートに行った。大阪男声合唱団のOKDさんから、チケットをいただいたので、時間ぎりぎりに兵庫芸術文化センター大ホールへかけつけた。ほぼ満員で、3階席に座った時に、大阪男性合唱団の演奏が始まった。

 やなせたたかし作詞、木下牧子作曲の、男性合唱による10のメルヘン「愛する歌」から、「ひばり」「ロマンチストの豚」「海と涙と私と」「地球の仲間」「雪の街」「ユレル」「さびしいカシの木」「誰かがちいさなベルをおす」の8曲が演奏された。よくまとまった合唱で、心地よい響きがあった。

 おとなしすぎる感じがしたが、「さびしいカシの木」で、テノールの高い音が響き、震えるような感動を覚えた。続く「誰かがちいさなベルをおす」でも高音がよかった。

 大学合唱団のOBによる演奏会で、他に六甲男声合唱団(神戸大学)、アルマ・マータ・クワイア、南澪会合唱団(大阪市立大学)の演奏があったが、合唱の練習のために聴けなかった。
 

by nori-126 | 2018-05-22 02:13 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第6回

 5月19日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の指導で、発声練習の後、一番最初のKyrieの4小節を歌った。そして、第7曲のGratias に入った。最後までを音取りをしながら歌った。ソプラノ、アルト、バスは、発声を注意されたが、テノールは、「美しい声」と褒められた。「いい声」は褒め言葉ではないが、美しい声は褒め言葉らしい。

 帰りの電車で、KWTさんと話をした。門真の第九でも一緒したが、2月の本番で隣同志になったので、話をするようになった。小玉先生が指摘される発声の問題について、賛同されていて、進歩がないことを嘆いておられた。

by nori-126 | 2018-05-20 01:43 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ペアボイストレーニング 

 5月18日(金)、所属するLA FENICEのボイトレがあった。今シーズンから、新たな試みとして、同じパートのペアでのボイトレが始まった。ペアで都合のいい時間を決めて、同じパート二組が20分間レッスンを受ける。

 仕事を終わって、堂島の会場にかけつけた。私の相手はOSDさん、もう一組のMURさん、MEYMさんと、SGT先生のレッスンを受けた。ヨハネ受難曲の第3曲を初めから少し歌った。

 ペアの声をそろえる練習、音が急に上がる時の音の動きは、人によって歌い方に違いがあるが、他の人に合わせることで、音がそろうということである。相手の声の質を意識するとなると、かなり高度のレベルである。

 音を出す準備をして、出だしで音がずり上がらないように、息の準備をしておいて、音をぶつけないようにという注意があった。20分はあっという間で、物足りなかったが、得られるものは多かった。

by nori-126 | 2018-05-19 02:03 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第5回

 5月12日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の指導で、GloriaからEt in terraのところを復習するが、なかなか先に進まない。音が合わないのと、発声がよくないということで、ここだけで今日で4回目の練習だが、言葉で歌う段階にもならない。先生もこのペースでは、間に合うのかという焦りがあるようである。

 ロ短調ミサを歌ったことがある人が多いはずなので、しっかりと家で音を取るように努力するしかない。練習の場で、音を取る練習をしようというのでは、時間が間に合わないというのは、理解できる。他のパートのパート別練習の時間が多くて、テノールの歌う時間は、あまりないので、歌い足りない感がある。

by nori-126 | 2018-05-13 21:19 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 1回目

 5月12日(土) 、LA FENICEの練習に行った。仕事の都合で少し遅刻して、発声練習が終わったところだった。来年7月に予定されている、第9回の公演「ヨハネ受難曲」に向けて、4月28日(土)に、初めての練習が行われたが、仕事で参加できなかった。というわけで、私にとって今日が、新たなシーズンのスタートになる。

 2年間指導された本山先生が、大阪音大の学長になられたということで、新しく中村貴志先生が、指導者になった。中村先生には、堺の第九で一度だけ指導いただき、昨年からラブリーホール合唱団で教えていただいているという縁である。今年から住之江の第九も担当されることになったということである。団員ではないが、昨秋の公演では、一般参加で第九を歌った。

 前回の録音を聴いた。第1曲の途中まで、第14曲、第40曲の指導をされた。変化していく調性の和音を意識しながら、正確に音を取るという、今までには経験したことのない視点からの指導だった。

 今日は、杉田結里先生の指導で、コラールを歌っていくことになり、第3曲、第5曲、第11曲の練習をした。各パートが和音のどの成分を歌っているかということを自覚させる練習だった。根音を歌うパートに、第3音を歌うパートを足して、さらに第5音を歌うパートを足していくという歌い方をした。そして和音として響くことを実感して欲しいということである。

 正確な音を、単独で取ることは難しいが、他のパートの和音に当てはめるようにすれば、音がすきまに収まることで、ずれなくて済むと言われた。和音を感じることができたらということだろうが、基礎的な訓練を受けていないのが悔やまれる。自分で音取りの練習をする時に、自分のパートの音だけでなく、他のパートを聴くことが必要になる。

 今回から、メンバー相互の理解を深めようということで、団員のリストが配布されて、各パートに一人のマネージャーが選出された。テノールは、SKGCさんがなったが、私が団長に推薦した人である。今のメンバーで出席率や年齢などを考えれば、他の人は考えられないが。前回まで参加していた人の内、HZYMさん、STOさん、ARTさん、TKMさん、HNさんの名前がない。

 

by nori-126 | 2018-05-13 08:57 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第4回

 5月5日(土・祝)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。河内長野駅に少し早く着いたので、駅前のビルで、夕食を取った。ラブリーホールのレストランは、都合で夕方はやっていない。

 中村貴志先生の指導だった。今日は臨時ということである。前回からの課題であるGloriaとEt in terraの前半を歌った。ソプラノやバスのパートは注意がされて、なんどか歌い直すことが多いが、テノールはあまり注意されない。一回歌ってOKがでることもあり、歌い足りない感じである。

 中村先生にLA FENICE でも指導していただくことになり、1回目は欠席したが、よろしくお願いしますと挨拶した。堺の第九で一度だけ指導していただいて、ラブリーホール合唱団でもお世話になり、LA FENICEでも指導していただくことになった。中村先生は、名古屋在住であり、大阪では知らない人も多いというのに、縁があるということである。

 

by nori-126 | 2018-05-05 22:49 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第3回

 4月28日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の指導で、前回練習した、Gloria in exelsis とet in terra pax を歌ったが、なかなか先に進まない。ソプラノが2パートあるので、各パートごとに歌っていると、自分の歌う時間が少ない。

 OOGSさんと話をしながら駅まで歩いた。新音フロイデ合唱団の秋のコンサートのチケットを買うことにした。

by nori-126 | 2018-04-30 22:29 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第2回

 4月22日(土) 、ラブリーホール合唱団の練習に行った。1回目の練習に出た後は、LA FENICE合唱団のリハ、1万人の第九の知り合いの懇親会、家の引っ越しで3回欠席した。休んでいる間に、キリエが一通り終わってしまった。Kyrie eleisonの繰り返しが続く難しいところで、自主練習をしなくてはならない。

 今日は、小玉先生の指導で、Groria in excelsis と Et in terra pax を練習した。読み方の確認をした。cel は ツェル となり、hominibus の h は発音する。bonae は ボネ voluntatis の v はv と発音する。パートごとに歌ってみて、いくつかのパートで合わせてみた。

 音取りCDを聞いているが、まだまだ歌える状態ではない。上手な人のまねをしている段階である。帰りにOOGSさんに挨拶をして、知り合いの方と話をしながら電車で帰った。

by nori-126 | 2018-04-22 19:52 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE  レクイエム ミサ 本番 いたみホール

 4月7日(土)、LA FENICE 合唱団の本番があった。昨年5月以来、練習に励んできたハイドンのネルソンミサと、モーツァルトのレクイエムを演奏した。前日のリハーサルには出られなかった。

 いたみホールに来るのは2回目になる。前回は2010年5月に、ホールバルティカのヴェルディのレクイエムを聴いた。1万人の第九の知り合いのUEKさん、YMMTさんがでるのでチケットをかった。最近、プログラムを久しぶりに見ると、LA FENICE の団員が多く出演しており、門真の第九等の知り合いも合わせると20人近く知っている人がいた。

LA FENICE 第8回演奏会
父と神童
2018.4.7(土)14時開演
東リいたみホール 大ホール

指揮:本山秀毅
ソプラノ:老田裕子 アルト:山田愛子
テノール:清水徹太郎 バス:津國直樹
合唱:LA FENICE 管弦楽:大阪チェンバーオーケストラ

ハイドン ネルソン・ミサ
モーツァルト レクイエム ニ短調

 いたみホールに少し早めについた。9時45分から舞台裏に集まって、ストレッチングをしたあと、舞台に上がった。発声練習のあと、ゲネプロを、ソロや合唱をカットしたところがわずかにあったが、通して行った。休憩に入り、スーパーで買った弁当を食べた。

 1時45分頃に多目的ホールに集まって、杉田先生のテンションを上げる発声練習があり、舞台裏に移動した。2時開演で、舞台に上がり、オケと本山先生が登場して、ハイドンのネルソン・ミサを演奏した。15分の休憩の後、モーツァルトのレクイエムを演奏して、アンコールにモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスを歌った。

 ロビーにでて、見に来てくれた人とあいさつをした。ON夫妻、YYTN、KMSR親子、MEHR、KWST、SKGC、OKMR、KDM、YMGC、ESKさんと写真を撮った。楽屋に6人の方から差し入れをいただいた。

 私にとって2回目のLA FENICEの公演だったが、昨年は、途中参加であり、十分な準備ができずに不本意であった。今回は、モーツァルトのレクイエムに関しては、ラブリーホール合唱団でも歌ったこともあり、ほぼ暗譜できたので、指揮の本山先生を見ることができた。ハイドンのネルソン・ミサは、練習が不十分で、歌いだしの音程や早い部分の歌詞に自身のないところがあった。

 打ち上げは、阪急伊丹駅の居酒屋郷土宴座に90人くらい集まっただろうか?ARKWさん、SRKWさん、KMGIさん、TKHTさん夫妻と同席させてもらった。

 本山先生の講評では、ある程度褒めてもらえたが、より良い合唱団にするために、一人一人の自覚を促す辛口のアドバイスがあった。卓越した合唱指導者の指導が、もう受けられないかと思うと本当に残念である。先生とは、一度だけ電車の中でお会いして話をしたことがある。本山先生にモツレクの楽譜にサインをいただいた。二次会は出ないで帰ったが、電車でYMGCさんと話をした。

d0097373_01150206.jpg

by nori-126 | 2018-04-09 01:04 | 合唱 | Comments(0)