感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-04-28 01:32
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-04-24 01:30
バイオリンレッスン 第127回
at 2019-04-24 01:25
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-04-22 00:29
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-04-22 00:16
大阪4大オーケストラの饗演 ..
at 2019-04-20 18:45
混声合唱団 すみのえ 第13回
at 2019-04-18 12:59
西国三十三所(その26) 第..
at 2019-04-18 11:05
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-04-18 10:56
4月文楽公演 第2部
at 2019-04-14 22:05
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(200)
(191)
(176)
(162)
(141)
(136)
(127)
(100)
(94)
(86)
(79)
(69)
(68)
(60)
(50)
(47)
(37)
(27)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 191 ) タグの人気記事

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第4回

 4月27日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。駅でOOGSさんに会って、話ながらホールまで歩いた。LA FENICEの7月のコンサートのことを話したら、お友達と行きたいということで、チケットを2枚お渡しした。

 HSD先生の指導で、Cum sanctusを初めから音取りをしながら、ロロロで歌って、言葉で歌うという形で、少しずつ分けて歌った。

 隣の男性と話をしたら、2年前から参加しているとのことで、私と同じである。

by nori-126 | 2019-04-28 01:32 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第15回

 4月23日(火)、堺フロイデの練習に行った。いつものように遅刻していくと、MRY先生の指導で、「Ave Verum corpus」の練習をしていた。LA FENICE の昨年4月のコンサートで、アンコール曲として歌ったので、まあまあ覚えている。少し音の取りにくいところがあるが。コンサートのアンコール曲として歌うということだろう。

 レクイエムの Hostias のおさらいをした。各パートで歌ってみて、組み合わせで複数パートで合わせてみる。あまり細かいことは言われないが、実際に歌って、それを聴いてハーモニーを合わせていこうという練習方法である。

by nori-126 | 2019-04-24 01:30 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第17回

 4月21日(日)、LA FENICEの練習があった。1時半から自主練習をするというので、2時頃に東成区民センターの大ホールに行くと、15人くらいが二手に分かれて、ホールの後ろと舞台上で、音を合わせる練習をしていた。14番の練習をした。緊張して、高い音が裏声だけになり、それもかすれ気味だった。隣にKNさんがいたが、あまり当てにできなかった。

 3時から、ICKW先生の指導で、39番の練習をした。丁寧に音程を確認しながら進めていかれるので、わかりやすい。
4時半頃に、MTYM先生がこられて、23b、23d、23f、25b、26、27b、28のおさらいをした。ソプラノで音の低い人がいるということで、重点的に指導された。

 間に30分くらいの食事休憩を入れて、9時近くまで練習をした。長い時間でもあまり苦にならない。かなり歌えるようになってきたということもあるだろう。

 

by nori-126 | 2019-04-22 00:29 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第2回

 4月20日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。フェスティバルホールのコンサートのあと、駆け付けたが、45分くらい遅刻した。HSD先生の指導で、Gloriaの音取り、Cum Sancto Spiritu の音取りをした。予習をしていないので、他の人の音を頼りに歌ってみる。

 

by nori-126 | 2019-04-22 00:16 | 合唱 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第13回

 4月17日(水)、混声合唱団すみのえの練習に行った。「夢路より」を歌ってみるが、リズムが難しい。合唱祭に歌う歌の練習をしなくてはならないので、この曲は、一旦保留にするといわれた。

 「信じる」「きみ歌えよ」の練習をした。いわれることはいつも一緒で、楽譜を見ると、同じことが書き込まれている。テノールは6人いたが、声が揃わない感じがする。音程リズムの問題と、声の質の問題があるようである。

  合唱祭に着るTシャツのサイズ合わせをした。デザインや色がどうなるか楽しみである。

by nori-126 | 2019-04-18 12:59 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」第14回

 4月16日(火)、堺フロイデの練習に行った。MYZK先生の指導で、Quam olimとHostiasを歌った。休憩後にテノールのOOMRさんがいなくなり、少し緊張して歌った。
by nori-126 | 2019-04-18 10:56 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第16回

 4月13日(土)、LA FENICEの練習が港区区民センターで、3時からあった。15分ほど遅刻した。MTYM先生の指導で、15番、16b、16d、17、18b、21b、21d、21f、22そして最後に1番を歌っていった。

 リズムをきちんと取ること、そのためには語句を追っかけているようではだめ、できたらコラールは暗記して指揮をしっかりと見ること、正確に音を取ること、言葉の意味を理解すること、ソリストが歌う部分もストーリーを知る上で大切、トリルの歌い方、音がこもらないようにするなどの注意が細かくされた。

 間に10分の休憩が2回と40分くらいの食事休憩があったが、8時過ぎまでの5時間があっという間に過ぎたて、充実した時間だった。コンサートのチケットができたので、ノルマの数枚に何枚か足して買った。


by nori-126 | 2019-04-14 10:21 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 合同練習第2回

 4月13日(土)、堺フロイデの合同練習の2回目があった。堺東の少し広い練習場で、NKMR先生のストレッチ、発声練習があって、MRY先生の指導で、曲のはじめから歌った。ソプラノは別室での練習になり、アルトがソプラノとかけあいになるところが歌いにくそうだった。

 あまり細かいところは言われなくて、パート別や全パートで歌っていると、時間が過ぎるという感じである。音取りがすんだばかりで、まだ難しいことをいっても無理かもしれないということだろうか?休憩の後に、辞してLA FENICEの練習会場に向かった。

by nori-126 | 2019-04-14 10:07 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルトレクイエム 第13回

 4月9日(火)、堺フロイデの練習に行った。MRY先生の指導で、先週歌った、agnus dei の復習をした。そのあとの最後の曲のLux Aeterna は、Kirie と歌詞が違うが同じ曲なので、音取りなしで歌って見た。所々、パート別に歌って合わせてみる。
by nori-126 | 2019-04-09 21:35 | 合唱 | Comments(0)

大阪市コミュニティ合唱祭 合同練習 第1回

 4月7日(日)、大阪市コミュニティ合唱祭の合同合唱の初めての練習があった。9月に開催される合唱祭に、混声合唱団すみのえが参加するが、合同で5曲歌うことになっている。大正区の大正会館のホールに200人くらい集まった。合同合唱の責任者である木村先生が、曲の選ばれた理由を話された。

 発声練習の後に、「サッカーによせて」をパートごとに音取り、女声での合唱、男声での合唱という形で歌った。次に「ほらね」を歌った。八分音符と十六分音符二つの組み合わせで、十六分音符が長くならないように言われた。

 最後に「群青」を歌った。東日本大震災で原発事故のために、離れ離れになった中学生の詩を基に作られた曲である。奇をてらわない素直な詩に、親しみやすい曲と編曲で練習の段階でもじーんとしてしまう。

by nori-126 | 2019-04-08 00:03 | 合唱 | Comments(0)