感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
1万人の第九 リハーサル
at 2018-12-04 01:23
大阪フィル 第523回 定期..
at 2018-11-28 23:06
バイオリンレッスン 第12..
at 2018-11-27 19:04
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-26 01:30
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-11-25 02:26
門真の第九 第1回 ルミエー..
at 2018-11-25 02:19
東大阪の第九 第3回
at 2018-11-24 00:17
混声合唱団 すみのえ 第4回
at 2018-11-21 23:52
グレン・ミラー・オーケストラ..
at 2018-11-21 23:48
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-19 00:16
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(184)
(174)
(161)
(149)
(139)
(136)
(121)
(99)
(90)
(84)
(76)
(70)
(64)
(59)
(50)
(47)
(34)
(22)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 149 ) タグの人気記事

LA FENICE ヨハネ受難曲 第12回

 11月25日(日)、LA FENICEの練習に行った。午後6時から堀江アルテで練習があった。中村先生の指導で、前回少しだけ練習した39番をおさらいした。各パートのハーモニーが合うことを目指して、パートの組み合わせで歌った。ピアニストなしで、先生がピアノで音を示しての練習だったが、かえって集中できるような気がする。
 
 発音や音の高さ、強弱などについて指摘された。ソプラノが列ごとに歌わされたり、右半分、左半分で歌わされた。テノールは2列だったが、列ごとに歌わされたところがあって、4人で歌うので緊張した。言葉が違うと何度も指摘されたのは、隣の人だったが、一人でも歌えるくらいの度胸が欲しいところである。

by nori-126 | 2018-11-26 01:30 | 合唱 | Comments(0)

ラブリホール合唱団 ロ短調ミサ 第17回

 11月24日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小ホールで、HSD先生の指導で、Sanctusの途中から練習をした。そして最後の Dona Nobis を音取りをしながら歌った。これで、一通り、音取りが終わったことになる。3月から始めて、8か月間かかって、やっと音取りが終わったが、本番までは3か月しかない。

 初めからおさらいをしていくということで、Kirie から歌っていった。この辺りは、練習を休んでいたので、あまり自信がない。言葉は Eleison だけだが、その繰り返しだけに難しい。

by nori-126 | 2018-11-25 02:26 | 合唱 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第4回

 11月21日(水)、混声合唱団 すみのえの練習に行った。前回練習した「夢見たものは」の発音や強弱など、かなり細かいところまで、教えてもらいながら歌った。アカペラで歌う曲なので、より丁寧に声を合わせたいという話だった。

 新しく3曲目の「鷗」(三好達治作詞 木下牧子作曲)を歌った。この曲は、アカペラでなく、ピアノ伴奏で歌うことになっている。パート別の音取りをして、複数のパートで合わせてみた。音取りは途中までだったが、最後まで歌ってみた。

 先生を含めた4人で居酒屋で飲んで話をした。

by nori-126 | 2018-11-21 23:52 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第11回

 11月18日(日)、LA FENICEの練習が2時から3時間、伊丹アイフォニック小ホールであった。初めて来る会場だが、今年と来年の本番の会場である伊丹東リホールのすぐそばにある。

 少し狭い部屋で、中村先生の指導で、発声練習の後に、27b、28、32、39を練習した。臨時記号の付く音の高さが正確でなく、早い言葉がきっちりと発音できていない。

 音をずりあげないで、歌う前から準備しておくことを、テノールが指摘された。テノールが6人だけで、バスの方が多かった。

by nori-126 | 2018-11-19 00:16 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第22回

 11月17日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。兵庫芸文から駆け付けたが、10分ほど遅刻した。ホワイエで、HSD先生による発声練習の途中だった。Osannaの途中から、ラララの後、歌詞で歌った。Osannaは、テノールとバスも二つのパートに分かれている。私は第2パートを歌うように言われていた。

 レガートで歌う、流れるように歌うなどはいつも注意されていることである。in ex をリエゾンするように言われた。nを聞こえやすくすることにもなる。celsis の ce をチェと発音するのが、目立って気になると指摘された。ツェというように舌を上顎につけて発音するのだが、できない人には難しいようである。Sanctusの後半部分を少し復習した。

 再来年の曲が決まったと団長さんから告知があった。ロッシーニの「小荘厳ミサ」という曲だが、聴いたことがない。再来年も参加するかどうかわからないが、今のロ短調ミサに全力をあげなくてはならない。

by nori-126 | 2018-11-18 01:22 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲  第11回

 11月10日(土)、6時からLA FENICEの練習があった。芸文の定演を聴いたあと、わずかの遅刻で、天王寺区民センターに駆け付けた。ここに来るのは初めてである。KMRさんの勤務先であり、LA FENICEの予約が入っていることを、以前に声かけしてくれていた。係りの人に聞くと、今日は勤務が入っていないということだった。

 中村先生の指導で、発声練習の後、21d、23b、23d、23f、24、26、27を練習した。前半は、ピアノニストなしで、歌った。強調されることは、和音が変化することを意識するようにということである。音が飛躍する時に音がずれやすい、最後の子音を発音する、rを巻き舌で歌う、意味を理解して歌うなどがいつも言われることでもある。

 24のバスのアリアに相槌を打つように、Wohinを入れていくのが、音が変化するのと、休符の長さが変化するので難しい。音はかなり取れるようになったと思うが、早く歌う時の言葉がまだ、頭に入っていない。

by nori-126 | 2018-11-11 23:13 | 合唱 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第3回

 11月7日(水)、混声合唱団すみのえの練習に行った。最初に、前の2回で練習した「信じる」を歌ってみた。先生の評は、可もなく不可もなしというところだろうか?まだまだ練習をしていく必要がある。

 「夢みるものは」は、アカペラで歌うことになっているが、音取りはピアノでした。予習をしていたので、なんとか歌えたが、各パートの音を聞いてみると、メロディが感じられない。4声で合わせるとハーモニーが生まれる。それを感じながら歌うようにということだった。初めて歌うにしては、よくできたといってもらえた。

 終わってから居酒屋で5人で、飲んで話をした。

by nori-126 | 2018-11-08 00:15 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 第4回文化祭

 10月28日(日)、LA FENICEの文化祭があった。独唱、重唱、アンサンブル、楽器演奏に、展示やバザーがある。今年が第4回だが、2年前に陶器の展示販売をして、昨年は、兵庫芸術文化センター小ホールで、バイオリンを弾いた。

 今年は、バードウォッチング、山登り、古都散策などの趣味の写真を展示することにした。ワイド4つ切りの8枚の写真をボードに貼って、説明のプレートをつけた。久しぶりに、工作をしたのは、楽しかった。タイトルを「Le Memorie di Guste(趣味の思い出)」とイタリア語でつけたが、di が複数定冠詞 i と一緒になると dei となるのが正しいかも知れない。

 バードウォッチングで撮った写真をパソコンを持ち込んで、スライドショーで流した。今までに120種類くらい見ているが、80種類くらいの名前と撮影場所をつけて、見られるようにした。鳥に興味のあるHRさんとSTUさんが声をかけてくれた。

 今年も、自作の陶器を並べたが、3分の2くらいが売れて、売り上げを募金箱に入れた。演奏会が中心になると、展示をゆっくり見てもらう時間が少なくて、演奏会が終了後も、すぐに片づけなくてはならなかった。

 20人くらいで、せんばキッチンで打ち上げをした。KTOKさん、HJIさんらと話をした。にぎやかに盛り上がって、LA FENICEとしては、久し振りに、打ち解けた宴会になった。

趣味の写真展示 ↓
d0097373_01403723.jpg
バードウォッチングのスライドショー ↓
d0097373_01404248.jpg
自作陶器の販売 ↓
d0097373_01404711.jpg

by nori-126 | 2018-10-29 00:26 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第21回

 10月27日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。今日は、リハーサルルームだった。中村先生の簡単な発声練習の後に、Sanctusを始めからおさらいをした。ソプラノやアルトの音が下がる時があるのが、指摘された。テノールは、声を合わせるようにということだった。前に歌った箇所でも、おさらいでまた時間がかかる。

 駅まで、LA FENICEでも一緒のSRKWさんと話をしながら歩いた。

by nori-126 | 2018-10-28 23:55 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第10回

 10月21日(日)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。都合で40分ほど遅刻した。本山先生の指導で、21、22、23を歌った。ラララで歌ったり、発音を確認する。先生が強調されるのは、単に音符通りに歌えばいいのではないということである。言葉の意味を理解して、感情をこめて歌うこと、音符の長さの通りに歌わなくてもよいということである。かなり高度な話をされるが、それをすべて要求するのは無理ということもわかっていただいている。早く歌うところでは、言葉が処理できないのは、練習不足である。
 
 休憩中に、名前だけ知っていたアルトのNIKさんと初めて話をした。知り合いのKMRさん、YYTNさんが、近鉄コーラス会に入っているので、調べてみると、NIKさんも所属されていた。9年前に芦屋で第九を歌った時に、舞台をご一緒したことが最近、わかった。近鉄コーラス会に10年ほど所属されているということである。

 本山先生が30分早く退席されたので、中村先生が後を少し指導された。昼食を中村先生や他のメンバー数人と一緒に沖縄料理店で、ブッフェスタイルで食べた。ラブリーホール合唱団でも一緒しているABさんと話をした。

by nori-126 | 2018-10-23 01:28 | 合唱 | Comments(0)