感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
1万人の第九 森ノ宮9 第2回
at 2018-09-02 21:15
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-09-02 00:41
英国ロイヤルオペラシネマ バ..
at 2018-08-30 11:59
プラド美術館展ーベラスケスと..
at 2018-08-30 11:40
バイオリンレッスン 第115回
at 2018-08-30 11:34
いわさきちひろ展 東京ステー..
at 2018-08-27 18:32
プーシキン美術館展 国立国際..
at 2018-08-27 17:34
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(176)
(170)
(160)
(138)
(136)
(130)
(115)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(20)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:美味探訪 ( 21 ) タグの人気記事

東華菜館 京都市四条河原町

d0097373_07283424.jpg 7月1日(日)、第九の仲間と京都の由緒あるレストラン、東華菜館で食事会をした。

 ピアニストのYBK先生の名前を冠して、主に門真の第九の知り合いが集まった。

 

 参加者は、世話人のHGSMTさん、KBYSさん、YMDさん、TKHSさん、女性は、KMRさん、YYTNさん、OKMRさん、そしてKNMRさんである。

 南座の近くの貸衣装屋さんで、KBYSさんら4人と浴衣をレンタルして、着付けてもらった。少し歩いて四条大橋を越えてすぐの東華菜館に入った。1926年にヴォーリズが設計したという由緒ある建物で、当初からのエレベーターが今も使われている。前から一度行ってみたいと思っていたレストランである。

 中華料理を味わいながら、楽しく歓談した。歩いて、八坂神社にお参りして、南座前のレストラン「菊水」で、かき氷を食べた。この建物も1926年に建てられたものである。

d0097373_01363841.jpg
東華菜館エレベーター ↓
d0097373_01370837.jpg
d0097373_01373806.jpg
レストランから四条大橋 ↓
d0097373_01382989.jpg


by nori-126 | 2018-07-01 23:22 | 美味探訪 | Comments(0)

活クエ料理 和歌山県日高町 橋本荘

 1月27日(土)、昼から、同業者のレクレーションで、クエを食べに行った。小型バスで、和歌山県日高町産湯の料理宿橋本荘に行った。

 行く前に、和歌山市内の日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)にお参りした。聞いたこともこともなく、行くのははじめてだが、二つの神社が並んでいるのが珍しい。紀国の一之宮で、竈山神社と伊太祁曽神社を共に参拝するのを三社参りと呼んで、賑わうらしい。

 産湯海水浴場のすぐそばに橋本荘がある。海は少し波があって、サーフィンをしている人がいる。遠くに四国の阿南市の山並みが望める。

 九州から取り寄せたという28㎏のクエが、様々な形のフルコースで登場した。クエの昆布じめ、ひれ酒、肝臓、クエ入り茶碗蒸し、薄造り、タタキ、唐揚げ、炭焼き、そしてクエ鍋である。雑炊で最後を締めくくる。


d0097373_09420036.jpg
d0097373_09420335.jpg

            日前神宮・國懸神宮 ↓
d0097373_23581041.jpg

by nori-126 | 2018-01-29 01:01 | 美味探訪 | Comments(0)

フレンチレストラン ミモザ 大阪狭山市今熊

 2月22日(水)、昼から大阪狭山池でのバードウオッチングの後に、近くのフレンチレストランに行った。合唱団のARKWさんが、FBでいいレストランと紹介されていた。狭山池の南西から少し南に歩くと、西高野街道のおわり坂を下りたところにでる。街道の案内板と祠のあるところで、西高野街道と下高野街道で2回来たことがある、そのすぐ南にレストランがある。

 マンションの一階に広くはないが、20人くらいは入れるしゃれたレストランである。ランチタイム終了近くて、お客さんは女性二人だけだった。コースBの和牛ステーキを注文した。

 前菜は、エビや蛍イカで、新鮮な感じがした。スープはホウレンソウで、くせがなくて飲みやすい。メインのステーキは、ソースがおいしかった。付け合わせに、それぞれに味や歯触りが異なる材料が使われている。デザートにイチゴのムース、アイスクリームなど少量ずつ、4種類と、量は多くないが、フランス料理のフルコースを満喫した。使われている食材の種類が多いので、満足感が得られる。食器が可愛らしい。堺から近かったら、繰り返し来たいのだが。

d0097373_00165886.jpg
d0097373_00170156.jpg
d0097373_00170455.jpg



by nori-126 | 2017-02-23 00:19 | 美味探訪 | Comments(0)

「うなぎのしろむら」 名古屋市東区泉

 10月17日(土)、愛知県芸術劇場でイーゴリ公を見たあと、北の方へ歩いて「うなぎのしろむら」でひつまぶしを食べた。三河一色産の養殖うなぎしか使わないことを売りにしている。8月8日に新しくオープンした店で、落ち着いた雰囲気の作りである。道路に面して、うなぎを焼いているところを見せている。

 ひつまぶしは値段の違う4種類があるが、安い方から2番目を注文した。メニューが焼き杉の板で、はさんであるのが珍しい。海苔、ネギ、わさび、生卵の黄身が添えられている。飽きないで食べさせる工夫は面白い。帰る時におみやげとして、うなぎラスクをいただいた。栄のホテルに泊まった。


d0097373_3215060.jpg

by nori-126 | 2015-10-19 02:10 | 美味探訪 | Comments(0)

noriさんのひまつぶ誌 14.美味探訪 

1)2013.4.6   ラ・フェット ひらまつ 中之島フェスティバルタワー37階
2)2013.4.17  割烹「野口太郎」 大阪市北区
3)2013.4.20  「鮨 江戸時代」 東京都中央区築地
4)2013.7.14  町屋懐石 六花 金沢市六枚町
5)2013.7.15  金沢 近江市場 海鮮丼 天然岩牡蠣
6)2013.11.16 瓢亭 京都市左京区南禅寺町
by nori-126 | 2013-12-31 23:09 | 美味探訪 | Comments(0)

瓢亭 京都市左京区南禅寺町

11月16日(土)、同業者のレクレーションで、金戒光明寺にお参りした後、南禅寺近くの料亭「瓢亭」に行った。古い歴史を持つ有名な店である。古い家屋の玄関横から、庭の道を歩いて、離れとなっている建物に上がる。

 床には伊藤若冲の寒山拾得の1対の掛軸が掛けてある。畳の部屋に、半月の切り込みが入り、足を入れて座ることができる。10年前に作られたということだったが、これは助かる。料理はお膳ででてくるからである。

 料理の説明を聴きながら、手の込んだ、それでいて奇をてらわない味を楽しんだ。瓢亭たまごとして知られるゆで卵は、白身はしっかりと固まっているのに、黄身が半熟である。京都のお話を聴きながら、ここちよいおもてなしを楽しんだ。

 瓢亭 玄関  ↓
d0097373_1432783.jpg

 寒山拾得図  ↓
d0097373_14321844.jpg

 瓢亭たまご ↓
d0097373_14323258.jpg

by nori-126 | 2013-11-18 13:34 | 美味探訪 | Comments(0)

金沢 近江市場 海鮮丼 天然岩牡蠣

 7月15日(月・祝)、金沢城を訪れたあと、シャトルバスで近江市場に行った。市場は狭い通路の両側に海産物を並べた店や海鮮料理を食べさせる店が並んでいる。縦横に通路があり、2階にも店があるので、店の数はかなりになる。

 入口近くの2階にある店に入って、特選海鮮丼2750円を注文した。海の幸が一杯の丼で、ウニ、イクラ、カニ、エビ、アナゴ、貝柱、マグロ、アワビ、ハマチなどが乗っている。海鮮料理好きとしては大満足である。イクラの上に金箔が乗っているのが金沢らしい。

 1階に天然岩牡蠣が並べられていて、その場で食べられるというので食べてみることにした。前から一度食べてみたいと思っていたのである。能登七尾産で大きさで値段が違うということだったが、一番大きいのが1800円だったので、それを注文した。普通の牡蠣の5倍くらいある。ポン酢とレモン汁をかけて食べた。塩味が効いて海の香りがする。

d0097373_3302834.jpg
d0097373_3304386.jpg

d0097373_333525.jpg

by nori-126 | 2013-07-16 03:14 | 美味探訪 | Comments(0)

町屋懐石 六花 金沢市六枚町

 7月14日(日)、金沢でのサラブライトマンのコンサートの後に、日航ホテル近くの「町家懐石 六花」で夕食を取った。「るるぶ」でみつけた店である。築125年の酒屋を改装した情緒ある店である。店主は京都吉兆嵐山本店で修業した人で、2年前に始めたとのことだった。

 カウンター席にすわって、懐石のコースを頼んだ。加賀鳶の冷酒を飲みながら、オーソドックスな料理を楽しんだ。ステーキを焼いていた店主が、追加でどうですかというので、食べてみたらおいしかった。

 おいしいものを食べる時に、写真を撮るのを忘れてしまうので、何を食べたかを記載することができない。ぼんやりと覚えているのだが。

 店の写真を当日撮ってみたが、暗くてきれいに撮れなかったので、翌日朝、撮り直してみた。

d0097373_2444226.jpg


 
by nori-126 | 2013-07-16 00:27 | 美味探訪 | Comments(0)

「鮨 江戸時代」 東京都中央区築地

 4月20日(土)歌舞伎座杮葺落四月大歌舞伎第3部を見終わって、遅い夕食を取った。ホテルは歌舞伎座の東にあるヴィアイン東銀座にした。この辺りは築地で、大きな寿司屋がいくつかある。

 松竹歌舞伎会の機関誌「ほうおう」3月号にホテル近くの「鮨 江戸時代」が紹介されていた。値段もそう高くなさそうで、こういう案内があると入りやすい。中に入ると檜の大きなカウンターと、テーブルの席がある。カウンターに座って、セットの握りを頼んだ。

 一貫ずつ、握りがでてくるが、シャリがこぶりで食べやすい。小さい茶碗蒸しがついている。生牡蠣が置いてあって、ひとつだけ食べてみた。雨が降って寒い天候で、熱燗を楽しんだ。

 近くに座っていた中年の男性が、大阪から来たという話をしておられたので、板前さんとの話で、堺でこんな仕事をしていますというと、そのお客さんが同業で、富田林から来たといわれた。共通の知人もあって、仕事の話だけでなく、歌舞伎や山登りの話で盛り上がった。

 私の故郷の出石の永楽館の歌舞伎興行にも何度か行っているということで、杮落とし公演の時は、私と同じ日に永楽館に行かれたとのことだった。昨年秋に、涸沢に紅葉を見に行ったということで、デジカメの写真を見せてもらった。私のカメラに入っている涸沢の写真もみせて、同じ山が写っていると、大いに盛り上がった。

 一人で淋しく飲んでいたのが、思いがけなく楽しい時間を過ごすことができた。
by nori-126 | 2013-04-24 02:43 | 美味探訪 | Comments(0)

割烹「野口太郎」 大阪市北区

 4月17日(水)フェスティバルホールでのコンサートが終わった後、娘と食事をしようと近くにある割烹「野口太郎」に行った。コンサートが終わったのが遅くなったらと、同業のNさんのブログで知っていた「野口太郎」の下調べをしておいた。電話で席が空いているのを確認して店に行った。

 玄関に表札だけが下げてある。知らないと戸を開けるのが躊躇されるくらいである。10席のカウンターだけの店で、中で男性2人が料理を作っている。メニューは無くて、おまかせコースということで、本シメジを軽くあぶって、塩味で食べる。生のこごみをゴマだれでいただく。刺身は、ノドグロを山わさびで、生のエビをゴマ油でと、材料に凝っていて、味付けが変わっている。こんな食べ方があるのかという感動である。

 ステーキや鳥の白い肝を食べると、一つ一つの料理は量が多くないが、お腹が一杯になった。最後に、生シラスの丼をいただいて、終了とする。

 娘とは、今までにもコンサートの帰りに一緒に食事をしたことはあるが、飲むのは初めてである。息子は、全く酒を飲まないので、家でも酒を飲み交わすことがない。河島英五の「野風増」の歌詞「お前が二十歳になったら、酒場で二人で飲みたいものだ」は息子では、実現しなかったが、娘が代わりに相手をしてくれるのもいいものである。

d0097373_049659.jpg
d0097373_048443.jpg
d0097373_0492660.jpg

by nori-126 | 2013-04-20 02:03 | 美味探訪 | Comments(2)